投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


モーテン・ラムスブル/トゥルー・ノース

 投稿者:myu  投稿日:2019年 6月14日(金)13時41分51秒
編集済
  モーテン・ラムスブル Morten Ramsbøl(1970?)。
デンマーク、オーフス生まれのジャズ・ミュージシャン。オーフス王立音楽アカデミーで学び、ニルス=ヘニング・アーステズ・
ペーザセン、クリスチャン・マクブライド、イェンス・イェフセン、ペーター・ヴースト、イェスパー・ロンゴーに個人的に師事しました。
2002年、自身のバンドによる『Short Stay』をリリース、クリュヴァス・ビッグバンドにも参加。シネ・エーイ、セシーリエ・ノアビュー
、スコット・ハミルトン、モーテン・ロン、ラーシュ・ヤンソンたちと共演してきました。

2013年からグラーツ国立音楽大学の教授。『True North』は、2017年夏、デンマークに戻った時
に得たインスピレーションで書いた作品を集めて制作されました。

グラーツで知り合ったライニ・シュメルツァー Reini Schmölzer が編曲と弦楽四重奏セクションのオーケストレーションを行い、2018年5月、スウェーデンのピアニスト、ヤコブ・カールソン Jacob Karlzon たち、息のあったプレーヤーで組んだカルテットとイグマル・イェンナー弦楽四重奏団によりグラーツのコンサートで演奏した翌日、イタリアのステファノ・アメリオの ArteSuono Studio でセッション録音されました。(解説より)

録音 2018年5月24日?25日 ArteSuono Studio(タヴァニャッコ、イタリア)
制作・録音 ステファノ・アメリオ

レコーディングが、今話題のステファノ・アメリオ。
空間表現や各楽器の微妙な再現が面白い。

【TOWER RECORDS ONLINE】

https://www.youtube.com/watch?v=fmz411AEz2s&list=PLeyGAnulg_T4wn_cuyjlfHX-5doj3EaTV&index=1




http://myutakasaki.com

 

外盤A級セレクション No.179 ヴェルレ

 投稿者:myu  投稿日:2019年 6月 2日(日)11時02分24秒
編集済
  長岡先生が外盤A級セレクションで書かれていた通りの音。

力強さと繊細さそして厚みのある録音。

制作に関して、「本国のオリジナル・アナログ・マスターテープに遡り、
新規でハイビット・ハイマスタリング(192kHz/24bit)によるデジタル化を行いました。」
と書いてある。

販売価格が1,234円(税込)とはハイCP。
【TOWER RECORDS ONLINE】

http://myutakasaki.com

 

外盤A級セレクション No.218

 投稿者:myu  投稿日:2019年 5月11日(土)23時45分29秒
  シャンドス創立40周年記念ボックス!
完全限定生産40枚組!

今回のアニヴァーサリー・ボックス「ランドマークス」は、シャンドスの歴史における記念碑的存在として相応しい内容となるよう、その膨大なカタログの中からラルフ・カズンズ自らが40タイトルを選出しており、まさにレーベルの歴史そのものを体現した壮大なスケールのボックス・セットとなっています。

[CD12/CHAN4509]
『ザ・コンプリート・チャンピオンズ』
ヒートン:コンテストのための音楽/ロイド:ロイヤル・パークス/ヴィンター:サリュート・トゥ・ユース/マッケイブ:クラウドキャッチャー・フェルズ

ピーター・パークス(指揮)
ブラック・ダイク・ミルズ・バンド
※録音:1986年1月21日-22日、デュースベリー・タウン・ホール(ウェスト・ヨークシャー)
は(外盤A級セレクションNo.218)

【TOWER RECORDS ONLINE】

http://myutakasaki.com

 

外盤A級セレクション No.179

 投稿者:myu  投稿日:2019年 5月 9日(木)23時56分6秒
  ヴェルレ追悼盤。フランスを代表するクラヴサン奏者の超絶名盤をオリジナル形態で復刻。
長岡鉄男氏の外盤A級セレクション紹介盤!本国オリジナル・マスターテープより新規で復刻。
矢澤孝樹氏による新規解説付。2曲は今回が国内盤初発売。

2018年12月30日に亡くなった、フランスのクラヴサン奏者であるブランディーヌ・
ヴェルレ(1942-2018)の追悼盤として、リリース以来、特に日本では故長岡鉄男氏
の著書「外盤A級セレクション」で紹介されたことで著名になった「イタリア協奏曲」
を含む1978年のPHILIPSによるアナログ録音盤を、初出時のオリジナル形態で復刻します。

【TOWER RECORDS ONLINE】  

http://myutakasaki.com

 

ジグモンド・サットマリー: オルガン作品集

 投稿者:myu  投稿日:2019年 4月29日(月)23時01分37秒
編集済
  今、注目しているCybeleの新譜。

高音質×現代音楽の楽しみ
ハンガリー作曲家の系譜を受け継ぐオルガン作品

ジグモンド・サットマリーは1939年生まれのハンガリーの作曲家・オルガニストです。
コダーイの孫弟子にあたり、バルトークやリゲティの系譜も感じる作風。クラスメート
にペーテル・エトヴェシュもいたそうです。 (キングインターナショナル)

録音情報など:Stereo, 5.1ch Surround Sound, 3D-Binaural-Stereo
(Artificial Head) pure DSD Recording


【TOWER RECORDS ONLINE】

http://myutakasaki.com

 

フォー・ハンズ・オン・モーツァルト

 投稿者:myu  投稿日:2019年 4月26日(金)23時38分28秒
編集済
  オランダで学んだ二人のハープシコードの才能、パトリック・アイルトンとヴォルフガング・グリュクサムが演!

ピアノではなく、「ハープシコード4手連弾」による、モーツァルトのソナタ集!

キレのあるオーディオ装置で再生したら、おもしろい。

【TOWER RECORDS ONLINE】





http://myutakasaki.com

 

オーケストラのオルガン/ヤン・クライビル

 投稿者:myu  投稿日:2019年 4月25日(木)14時06分44秒
  Reference Recordingsの新譜

SACDハイブリッド盤。アメリカの老舗高音質レーベル「リファレンス・レコーディングス」
からオーケストラでの演奏で親しまれている名曲をオルガン独奏で演奏した興味深いアルバム
が登場。19世紀から20世紀初頭にかけ、オルガンの名手がこぞってオーケストラ作品を
オルガン独奏用に編曲しました。ここに収録された楽曲はオリジナル作品のもつ個性を尊重し
、かつ編曲者のカラーを「楽器の王様」と呼ばれるパイプオルガンを通して表現した名編曲集
ともいえます。(キングインターナショナル )

【TOWER RECORDS ONLINE】

?

http://myutakasaki.com

 

パリンプセスト~マリンバとクラリネットのための作品集

 投稿者:myu  投稿日:2019年 4月24日(水)23時44分3秒
  デモに使えそうですので、予約しました。

SoundCloudにて試聴いただけます!

https://soundcloud.com/avie-records/sets/palimpsest

 【TOWER RECORDS ONLINE】

http://myutakasaki.com

 

撥弦楽器が好きな人もいるでしょ~ハープシコードで奏でる20世紀とジャズ・スタイルの音楽

 投稿者:myu  投稿日:2019年 4月17日(水)22時53分58秒
編集済
  ハープシコードと20世紀&ジャズ・スタイルの融合!?
ホロヴィッツのジャズ・ハープシコード協奏曲を収録!
おもしろそう! 予約しました。

【TOWER RECORDS ONLINE】



?

http://myutakasaki.com

 

交響曲による遺言~交響曲第39番、第40番、第41番「ジュピター」 /ジョルディ・サヴァール

 投稿者:myu  投稿日:2019年 4月 7日(日)10時47分50秒
編集済
  サヴァールのモーツァルトの後期三大交響曲

【TOWER RECORDS ONLINE】  

http://myutakasaki.com

 

/82