<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


20世紀傑作選4ストラヴィンスキー

 投稿者:myu  投稿日:2021年10月20日(水)14時22分46秒
編集済
  「レコード芸術」の2021年11月号優秀録音盤。


20世紀傑作選4ストラヴィンスキー:春の祭典 葬送の歌・幻想曲「花火」・幻想的スケルツォ 他

パーヴォ・ヤルヴィ 、 NHK交響楽団

パーヴォがN響と創出する原始の響き。ストラヴィンスキー第2弾。

20世紀最大の作曲家であり、生涯にわたってその作風をカメレオンのように変化させたストラヴィンスキー。
2020年発売の新古典主義時代の代表作をおさめた第1弾に続く、パーヴォ・ヤルヴィとN響によるストラヴィ
ンスキー・アルバム第2弾は、代表作「春の祭典」を中心に、ロシア/パリ~ディアギレフ時代の先進的な意欲
作を網羅。ムソルグスキーや師R=コルサコフの影響から脱し、短期間のうちに自己の個性的な音楽語法を確立
させていく若き作曲家の革新が音に刻み込まれています。

「音楽の進む道を変革した最大の問題作が『春の祭典』。先史時代の音絵巻とも言うべきこの作品の聴く者を
圧倒するようなバーバリックな持ち味を現実の音にするには、N響の持つ精緻・明晰さ、そして、信じがたい
ほどのパワフルさが必要です」と自信に溢れたパーヴォ・ヤルヴィの言葉を裏付ける、一世一代の凄絶な名演
奏が誕生しました。1908年に書かれながら2017年になってようやく蘇演された「葬送の歌」はN響による初
演奏。ヤルヴィにとっても、シンシナティ交響楽団時代にテラーク・レーベルに録音していた「春の祭典」以
外は初録音です。 (ソニー・ミュージック)



【TOWER RECORDS ONLINE】

http://myutakasaki.com

 

オン・DSCH

 投稿者:myu  投稿日:2021年10月20日(水)14時17分39秒
  「レコード芸術」の2021年11月号優秀録音盤。

オン・DSCH
イゴール・レヴィット

この作品集を聴くことは、世界を旅することと同じである

イゴール・レヴィットの新作は3枚組の大作。自称「マキシマリスト」の彼が、知的にも肉体的にも自分の限
界に挑戦することを楽しんでいることはよく知られているが、音楽的モダニズムの鍵となる2つの作品による
今回のプロジェクトはその最たるものだ。1951年に完成したドミトリー・ショスタコーヴィチの「24の前奏
曲とフーガ」は、すべての長調と短調(12×2)によって書かれた2時間半もの長大な作品。スコットランドの作
曲家ロナルド・スティーヴンソンが1963年に完成させた「DSCHによるパッサカリア」は、ショスタコーヴィ
チの名前による音型(D-Es-C-H = D-E♭-C-B )を使った1時間半近くに及ぶ壮大な変奏曲。
レヴィットによれば、「24の前奏曲とフーガ」は<音楽の日記のようなもの。暖かさ、即興性、そして純粋な
孤独感のこの上ないユニークな組み合わせ>であり、「パッサカリア」は、<まさに人生の大要であり、世界
全体に対する私たちの責任を教えてくれる音楽である。私にとって、これは最も親密な問題を扱う自己探求と
自己発見の儀式なのだ>という。この長大な作品集を聴いたあと、聴き手は音楽によって「旅」を経験するこ
とになるのである。 (ソニー・ミュージック)

【TOWER RECORDS ONLINE】  

http://myutakasaki.com

 

ヴラディゲロフ作品集

 投稿者:myu  投稿日:2021年10月20日(水)14時12分43秒
  「レコード芸術」の2021年11月号優秀録音盤。

ヴラディゲロフ作品集
広瀬悦子

並外れた情熱と燃えさかるエネルギー。
広瀬悦子渾身のヴラディゲロフ

リリースするディスクがすべて絶賛されている広瀬悦子の最新盤は、何とヴラディゲロフ作品集。最近作品リ
リースが目につく存在でもあり、広瀬悦子の演奏で聴くことができるのは大歓迎と申せましょう。

パンチョ・ヴラディゲロフ(1899-1978)はブルガリアの民俗音楽をバルトーク的な手法で見事な芸術音楽に
仕上げた同国を代表する作曲家。日本でもお馴染みのレオニード・クロイツァーにベルリンでピアノを師事
し、弟子に名ピアニストのアレクシス・ワイセンベルクがいることからも、ピアノ曲が特に優れているとされ
ます。(キングインターナショナル )

【TOWER RECORDS ONLINE】  

http://myutakasaki.com

 

(無題)

 投稿者:myu  投稿日:2021年10月20日(水)14時06分26秒
  「レコード芸術」の2021年11月号優秀録音盤。

ラフマニノフ: 交響曲第2番
ロビン・ティチアーティ 、 ベルリン・ドイツ交響楽団

美演!来日公演でも好評だったティチアーティのラフマニノフ第2番

ティチアーティとベルリン・ドイツ交響楽団によるラフマニノフの交響曲第2番。2019年秋の来日公演で演目
となっており、生き生きとして沸き立つようなフレーズ感と、小細工をせずに楽譜を丁寧に鳴らすことから生
まれる美しい響きで大きな評判となりました。その公演からほどなく行われたセッション録音がこちらのアル
バム。基本的に同じアプローチで表現はすっきりとしていながらも、聴く者には冒頭の低弦から大きな期待を
持たせ、要所要所をきっちりと収め歌い上げていく様を聴き進むにつれて、大きな満足をもたらせてくれま
す。そしてそれは、小手先の煽りで畳みかけるようなことをしない終楽章コーダまで、裏切られることがあり
ません。音楽に対する誠実さがそのまま音になったような、素晴らしい演奏となっています。カットなしのオ
リジナル版を使用。(ナクソス・ジャパン)

【TOWER RECORDS ONLINE】  

http://myutakasaki.com

 

モーツァルト: ヴァイオリン協奏曲集 Vol.1

 投稿者:myu  投稿日:2021年10月20日(水)13時40分3秒
  「レコード芸術」の2021年11月号優秀録音盤。

モーツァルト: ヴァイオリン協奏曲集 Vol.1
フランチェスカ・デーゴ 、 ロジャー・ノリントン 、 ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル
管弦楽団 、 フランチェスカ・レオナルディ

イタリアの眩きヴァイオリニスト、フランチェスカ・デゴのシャンドス第2弾!
ロジャー・ノリントンとの共演によるモーツァルトがスタート!

1989年イタリア出身、朗々たる響き、説得力のある解釈、隙のないテクニックを誇り、国際的な
シーンでもっとも人気を集める若きヴァイオリニストの一人、フランチェスカ・デゴ。Chandos専
属契約第1弾としてリリースされ、パガニーニ自身が所有し愛奏したヴァイオリンを使用して話題
を呼んだ「イル・カノーネ」(PCHAN20223/CHAN20223)に続く待望のシャンドス第2弾は、伝説的な
指揮者であり、ピリオド・パフォーマンスのパイオニア、サー・ロジャー・ノリントンと共演し
たモーツァルトのヴァイオリン協奏曲集がスタート!(東京エムプラス)

【TOWER RECORDS ONLINE】  

http://myutakasaki.com

 

本日発売

 投稿者:myu  投稿日:2021年10月20日(水)11時52分43秒
  長岡鉄男のレコードえんま帳 上下巻

https://www.ongakunotomo.co.jp/product/mook/

http://myutakasaki.com

 

VISION・UNSUNG HEROINE

 投稿者:myu  投稿日:2021年10月11日(月)16時09分9秒
  VISION・UNSUNG HEROINE
ザ・テリング

中世の女性作曲家を描いたサウンドトラック

中世音楽アンサンブル「ザ・テリング」による2つの映像作品のサウンドトラック。

『Vision』は中世の詩人・哲学者・作曲家であるヒルデガルト・フォン・ビンゲンを、
『Unsung Heroine』は13世紀の女性トルバドゥールであるベアトリッツ・デ・ディアを描いた
作品です。(キングインターナショナル)

【TOWER RECORDS ONLINE】


http://myutakasaki.com

 

マティアス・クリューガー: 作品集

 投稿者:myu  投稿日:2021年10月11日(月)16時03分34秒
  マティアス・クリューガー: 作品集
ニコラス・コック 、 アンサンブル・アスコルタ 、 アンサンブル・BRuCH 、
エレーナ・シュワルツ 、 ケルンWDR交響楽団

Wergo新譜。

様々な世界観が交錯する電子音響

マティアス・クリューガーは1987 年ドイツ・ウルム生まれ。ケルン音楽大学、ニューヨーク
のコロンビア大学で作曲を学び、パリのソルボンヌ大学で語楽、IRCAMで作曲と電子音楽を学
びました。

「le vide a perdre」(失うべき空虚)は、イスタンブールにあるクラブの名前から取られた
タイトル。「Wie ein Stuck Fett」(脂肪の塊)はグスタフ・マイリンクの小説「ゴーレム」
からテキストを取っています。「Bellygoat Boom」(基板)は、作曲家がニュージーランドで
体験したマオリ族の文化に影響を受けて書かれたもの。さまざまな価値観と世界観が電子音
響的なサウンドで幻想的に描かれます。

解説書内のQRコードから、レトロな音楽を採り入れた不思議な「sweep over me them dusty
bristles」のライヴ映像が見れます。(キングインターナショナル)

【TOWER RECORDS ONLINE】

http://myutakasaki.com

 

「楽器の女王」~オルガン名曲集 Vol.1 「バロック」

 投稿者:myu  投稿日:2021年10月 7日(木)16時13分51秒
  「楽器の女王」~オルガン名曲集 Vol.1 「バロック」

『楽器の女王』パイプオルガンの名曲を集めた6枚組!
第1弾はバロック時代の音楽。

オルガンの歴史は、古代にさかのぼります。中世までのオルガン楽器は踊りの伴奏に使われる
世俗的なものと考えられていました。その後、今から約600~700年前オルガンが最初に教会に
登場したのは、おそらく典礼の聖歌の伴奏のためと考えられています。

16世紀から17世紀のバロック時代にはオルガンは黄金時代を迎えます。このセットでは『楽器
の女王』オルガンの歴史を名演奏とともにお届けする企画です。

第1弾にはバロック時代の名作を集めました。ヘンスラー・レーベルの大偉業、バッハ作品全
曲録音からの音源をはじめ、リヒターの名録音ヘンデルの協奏曲など充実の6枚組です。
(キングインターナショナル)

【TOWER RECORDS ONLINE】

http://myutakasaki.com

 

J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ BWV.1001-1006 (全曲)

 投稿者:myu  投稿日:2021年10月 7日(木)16時05分34秒
編集済
  J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ BWV.1001-1006 (全曲)
ジェームズ・エーネス

ジェームズ・エーネスの新作。
イザイ: 6つの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ Op.27は変態ソフトで紹介済み。

【TOWER RECORDS ONLINE】




http://myutakasaki.com

 

/123