teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


若水会総会

 投稿者:中村公男  投稿日:2017年 6月27日(火)08時53分35秒
   過日の若水会では大変恥ずかしい所をお見せし、ご迷惑をおかけすると同時に、ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。あの時は今年に入って2回目の救急車。半年で2回も救急車に御厄介になるとは・・・。歳は取りたくないものです。その後色々と検査を受け、特に問題もなく入院もせずに無事回復して、今では以前通り好きな山歩きを楽しんでおりますので、ご安心ください。
 さてこの度投稿いたしましたのは、玉田先生からご丁寧に昔の国語の教科書の写真と内容についての文を頂きました。若水会の席で話題になったとかでお送り頂いたようですが、私にはどのような話題だったのか耳に入らなかったようです。大変興味あることですので、どなたかご存知の方、この掲示板で結構ですので、その内容をお知らせ願えればと思います。
 ようやく梅雨らしい日々が続きますが、皆様におかれましては健康に留意され、無事に乗り越えて行かれることを願っております。

http://kyonobashou.web.fc2.com/

 
 

1月28日新年会を行いました

 投稿者:平場継弘  投稿日:2017年 2月 9日(木)11時50分32秒
編集済
  標題の通り、今年も新年会をしました。
出席者は禎子さん、久ちゃん、美紀さん、磯部君、大島君、中村君、私そしてゲストで功刀君の奥様の8名でした。
会場は前年の桃園亭が景色よかったけど料理がまずいとクレイムがあり、いろいろ新しい会場候補を下見して、味、値段、時間、雰囲気、アクセス等総合的に判断して京都駅前ホテル京阪京都2階地中海料理「オクターヴァ」に決定しました。
まず、会場に最初に来たのが禎子さん。さすが真面目と思いました。
私が11:45に会場に着くと、禎子さん、磯部君、中村君が待っていてさすが、紅葉分科会のメンバーは分科会の中心と嬉しく、安心しました。
美紀さんからは少し遅れるとショートメールが入っていて、他3人はどうか・・と待つ。
やがて久ちゃんがエレベーターから来て、大島君、美紀さんは階段から上がってこられ、功刀君の奥様がエレベーターから来られ全員集合。
そろったところで会場に入る。8人分の席が用意されていて、真ん中に人一人通れる空間あり。
バイキングで料理を取りに行きやすいように配慮されてました。
ただ、このスペースで4人ずつにメンバーが分かれてしまい、一体感としてはいまひとつでしたが・・・
アルコールの注文、そしてメインディッシュの魚か肉の選択及び各種パスタの選択をして各自バイキングのサラダ、ピザ、ソフトドリンクを取りにいき、席が空いた後みなさん戻ってくる・・・
アルコールがなかなか出なくて中村君がいらいらするので、係員に督促に行くと12:00過ぎは忙しくて申し訳ありません、今すぐお持ちしますとお詫びがありました。
やがてアルコールが来て、堅苦しい挨拶なくソフトドリンク含め乾杯!
中村君は美味しそうにビールを飲みながら飲食し始め、よかったと安心。
ホテルなんだからもっと余裕もってゆったりした気分になってもいいのかな・・・と思ったけど
せっかちだから仕方ないね(苦笑)
久ちゃんから幼稚園や小学校時代の貴重な白黒写真の回覧があり、懐かしく、みんな可愛いい純粋な顔をしていて嬉しく思いました。幼稚園の写真では功刀君、久ちゃん、幸ちゃん、堀川君、中村君、私が写っていて、改めて強い繋がりを感じました。私の母や米倉さんのお母様が写ってる写真もあり、久ちゃんに感謝感謝です。
さて、飲食しながらいつものように会話が弾む。
私は功刀君の奥様と向かい合わせだったので、功刀君の思い出を一杯一杯語り合いました。
功刀君がロシア人は本当にいい人といっていたのも奥様と共有できました。奥様は子育てで功刀君と離れ離れだっただったから、単身で海外勤務した功刀君のことをとても心配されておられたんでしょうね・・・ 愛情深く信頼されてたんだと羨ましく思いました。
また、嵐山紅葉分科会で功刀君に思い切り怒られた私の恥の話をしました。11:00頃京福電鉄嵐山駅で待ち合わせ、どこか昼食を取ろうといろんな湯豆腐等いろんな店にいくも予約してなかったからすべて断わられ、空腹を抱えて、散策するハメになった際功刀君が本当に怒って
「平場!お前幹事やろ!なんで予約してへんね!どうするんや!!いつ食べられるんや!!」
私は自分の甘さに、こんなタイミングで分科会するにはきちんと昼食場所を予約しないといけないと自分を罵倒し、この幹事役は大変と思いトラウマとなりました。
嵐山では食べられなかったけど、我慢して紅葉見物散策するうち、14:00頃になって空いたそばやがあり、遅い昼食をとれ、なんとか食事できました。
私にとって痛恨の恥ずかしく、功刀君の率直な怒りに触れたほろ苦い思い出として強く印象に残っています。
奥様はこの話を聞いて「本当に予約には厳しい人やった」といってくれました。
また、内緒の話として、病院の主治医にこころづけは絶対したらあかんと頑として奥様に言われたそうです。筋をあくまで通す実直な人柄をかみ締め、時に要領悪くて、サラリーマンとしては必ずしもうまくいかなかったのかな~と私自身の要領悪さと似ていたんだと親しみを感じました。
さて、2時間を経過し、改めて、新年会欠席者でコメントあった方のコメントを紹介。会場変更の経緯も説明しました。
また、禎子さんから秋の分科会として「仙洞御所」の話をされ、次回分科会の話も意識されました。
次回も功刀君の奥様が体調よかったら来て欲しいと私は思っていて、メンバーから異論なかったのでお誘いしたいと思いました。
デザート、コーヒーも終え、会計は男性3,000円、女性2,200円で間に合い、いい会場と思いました。
最後に雰囲気味わっていただきたく、写真3枚掲載いたします。





 

11月23日久し振りに紅葉会を行いました

 投稿者:平場継弘  投稿日:2016年12月 4日(日)11時20分52秒
編集済
  久し振りに掲示板に投稿します。
私しか投稿がないのは誠に残念ですが、今後も機会を見て投稿しますのでよろしくお願いいたします。
さて11月23日久し振りに紅葉分科会をしました。
11:30に京大前集合に遅れてはいけないと東大阪市の勤務明けで一度天六の自宅に戻った後
阪急電車に乗り、東一条に向かう。
何とか京大正門前に近づくと既に禎子さんと中村君が待っていて嬉しく安心しました。
二人と会うなり「磯部君がまだ来てない」といわれたので早速磯部君に携帯電話で連絡とると
磯部君は「もう京大に来てるんだけど車を停める場所が分からなくて捜してる」とのこと。
なかなか駐車場が見つからなくて苦労されてるけど、中村君から「こんな日に車で来るのはおかしいんじゃないか・・・ 京大に車置いたら、紅葉散策後京大に戻ってくるのが大変じゃないか・・」と感想があり、しばらく磯部君をまつことに。
しばらくして、京大時計台に向かって右奥から磯部君が手を挙げながら近づいてきて車が停められてよかったと思いました。
4名そろったところで構内近くの食堂にいくと既にかなり並んでいて4名席が空くのを待つ。
やっと席が空き、本日の昼定食(ハンバーグランチ」を全員頼み、ライスが二人、パンが二人。
やがて料理が来るが、ライスはそこそこ量があったのにパンは小さいのが一つで中村君は不満なようでした。
13:00までいろんな話で談笑する。禎子さんから、急に息子さんが今日帰ってくるという連絡が入り参加キャンセルの連絡しようと思ったら、ご主人と息子さんから約束ドタキャンはよくないと説得され、食事の用意をして何とか出席できたとお話があり、本当によく来ていただいたと残りの3人は感謝感謝でした。
13:00になり、そろそろスタート。まずは京大時計台の建物に入り京大構内全体の大きな模型を見る。
懐かしい風景で嬉しく写真を撮りました。
京大を出てまず吉田神社の鳥居をくぐり、宗忠神社に向かう。宗忠神社横の建物を見たら、私が学生時代に大学合唱協会のマネージャーとしてここで活動や音楽の議論をしたことを思い出しとても懐かしく感慨深いものでした。大学合唱協会は東北大、東大(コールアカデミー、柏陽会)、明大、法大、横浜国大、名大、京大がメンバーで当時「日本の新しい歌」というスローガンのもと積極的な音楽活動をしていました。各所で合同ステージ演奏会やマネージャーミーティングをしていました。京都では夏に植物園裏「大乗寺」、近衛中学近くの喫茶店「まどい」「近衛」そし宗忠神社での議論が印象に残っています。宗忠神社では京大から音楽の歴史「ベートーベン」の音楽を理解しようというテーマでの議論でした。
さて、宗忠神社の石段を降りる途中左側に見事な紅葉があり、記念写真を撮りました。
もう一枚写そうと思ったら何と電池切れで私のカメラは終了しまい残念!
そこで磯部君のカメラで記念撮影しました。
真如堂は紅葉真っ盛りで本当にきれいでした。少しカメラを休ませたので充電でき、私のカメラで1枚だけ奥で撮影できました。
真如堂の奥から黒谷に向け、新撰組の墓の横を通り光明寺へ。
光明寺では大きな盆栽のような人工的に整備された紅葉が1本あり、本当にきれいでした。
光明寺が終わって、解散しようかと中村君から提案ありましたが、禎子さんから南禅寺も予定に考えていたけど・・と発言があり、岡崎神社に向かう。
岡崎神社横の岡崎別院に行ったとき父の葬式をしたときのことを思い出しました。新聞に載り、昌子さんのご主人鈴木先生が京大法学部葬の葬儀委員長で喪主の私と二人でモーニング姿で300人以上の参列者をお迎えしたことは忘れられません。本当に立派なお葬式で改めて父は偉大だったと尊敬しました。
親鸞の浄土真宗は私の家が檀家となっている宗派なので、ここから父を送ることができたことは本当によかったです!
天王寺で早く帰らないといけない禎子さんとバイバイし、南禅寺に向かう。
南禅寺はとても混雑してましたが、紅葉がきれいで、よくいく疎水下にいき、雰囲気を味わいました。
蹴上方面への疎水横散策は工事中で禁止されてて、本来のルートを湯豆腐の店を横目に見ながら、動物園横を磯部君が幹事だったときを思い出しながら、歩く。
やがて平安神宮にいく道との交差点に着き、ここで解散。
中村君はバスに乗り、磯部君はいろんなところを自由に歩き回るとのこと。
私は知恩院方面から円山公園経由で四条河原町まで歩きました。
午後から天気がよくなり、4名でしたが、最高の紅葉狩りができていい一日でしたよ~♪
禎子さん、中村君、磯部君本当にありがとう~♪
宗忠神社石段、真如堂奥の紅葉がきれいだったので写真を添付いたします。
 

1月24日(日)に新年会をしました

 投稿者:平場継弘  投稿日:2016年 2月21日(日)21時57分0秒
編集済
  遅れましたが、標題につき報告いたします。
いつもの新年会を標題の通り1月24日(日)行いました。
今回は今までのJR京都駅前ホテル京阪京都13階「オーク」が高級フランス料理店にグレードアップしたため、年金生活のわれわれの予算に合わせた河原町仏光寺「桃園亭」に変更しました。@3,000円の料理と13階からの眺望が抜群との事前情報で決定した次第です。
さて、当日は晴天で天候がいい中、私は勤務明けで9:00勤務終了後、9:40に一旦帰宅し、少し仮眠した後阪急電車で天六から四条河原町に向かう。11:40に河原町に着き高島屋横出口から河原町通りを仏光寺方面に急いで歩く。すると中島君に会い、一安心。一緒に歩くと程なく東一ちゃんが奥様にサポートされて介護補助器具で「桃園亭」目指してゆっくり歩く姿に並ぶ。中島君も含め一緒に談笑しながら歩くと、奥様が気を使われて、「先に行ってください」といわれ、私は「幹事なので申し訳ありません」とお言葉に甘えて、東ちゃんは中島君にまかせて「桃園亭」に急ぎました。
1階入り口に獅子の石像があり、13階へエレベータで・・・
会場に着くと、景色が抜群で、北は滋賀県の蓬莱山雪山が見え、東山は直ぐ近く、大文字山も大きくみえました。この景色はオークに劣ってないと嬉しく思いました。
既に先着の中村君、久ちゃん、禎子さんが待っておられ、中村君から「いつも遅刻してるのに早いな~」と第一声がありました。以前も遅れて、功刀君、中村君に「幹事は集合30分前に来てないと失格!」と厳しく叱られたことをほろ苦く思い出し、「初めての会場なので心配して早めに来た」といいわけしました。大島君、谷口さん、桜井さん、林さん、磯部君が来られ、中村君中心に楽しい談笑のひととき。ようやく東一ちゃん、奥様、中島君が到着。ここで素晴らしい若水会のみなさんが大歓迎し、奥様もぜひご一緒に奥様はメンバーと同じ扱いで今まで何度もしてますと促し、13名の席をお店に折衝し、了解を得て、楽しく談笑できる体制となりました。、
でも奥様が明日のためのどうしても買い物があるからと同席を固辞。中島君にトイレ等のサポートをお願いされ、中島君が快くOKされ、無理にお引止めしても・・と元の12名で席をまとめる。そしてお店の了解を得て6人づつの2テーブルを12人の1テーブルに模様替えしました。
忘れてはいけないと、会が始まる前に林さん、中島君に若水会の未払い金をお渡しし、中島君に幹事書類を引き継ぎ、残金の確認を得て引き継ぎ完了。ほっと一息。半分仕事完了し、気持ちが楽になりました。
遅れてくる土屋君を除き、メンバー集合したので、飲み物が出たところで、私が会場変更の主旨を説明するとともに、功刀君のご冥福を祈ってしばし黙祷しましょう!というと中村君からそんなら立つかということで、全員起立し、黙祷。功刀君への深い思いを共有しました。
座席は奥の6人に女性4人(林さん除く)と磯部君、遅れてくる土屋君席、手間の東山の景色抜群の席は残りが着席。
早速僭越ながら私の音頭で献杯!新年会が始まりました。
少ししてオードブルが出る。中村君がこんな少ない量で6人前かとはどうしようもない!と私にクレイム。
すると林さんが中華はコースなので、こればかり食べると後が食べられないよとフォローが入り
中村君もしぶしぶ納得されました。
我々のテーブルではまず、東ちゃんの席に料理が来て、中島君のフォローのもと、まず東ちゃんが新しい料理を最初に食べるというやり方でスープ、酢豚、エビチリと来る。女性方のテーブルでは話しに花が咲きとても嬉しそう~♪元気な久ちゃん中心に盛り上がってました。
1:00前になって土屋君が到着。まうぼ豆腐が出て食べ始めたが、土屋君から「これはまずい!これなら俺が作ったほうがずっと美味しい!」という過激な発言。それに桜井さんが同意し、味に疎い私として酔っ払いながらも申し訳ない気持ちになりました。
焼き飯、デザートが出て、私は東ちゃんの隣、桜井さんの隣に移動し東ちゃんと懇談。功刀君が中心に写った写真を見て、改めて功刀君を失った思いを共有しました。
中島君から「先生から若水会にいけないかもしれませんとのはがきが届いたので、次期若水会は先生なしでもやっていいか?春がいいか秋がいいか?そして先生がこれないとき贈り物は会が始まる前がいいか、後がいいか?」とのご意見伺いがありました。
早速禎子さんから「先生の状況がそんなことなら、春に先生なしでも会をして、その後贈り物を届けるのがいいのでは・・」と発言があり、みんな賛同。方向が決まり中島君はほっと安堵されてた様子でした。先生の様子は鈴木さんが聞くのがよさそう~との結論であとは幹事に一任し、連絡を待つことになりました。
14:00を過ぎ、東ちゃんの奥様が迎えに戻ってこられる。そこで中島君のカメラで奥様が記念撮影!
お開きとなり、東ちゃん、奥様を見送った後、会費を徴収、会計を済ませエレベータに向かうとみんなが待っていて、ひーちゃんがいないと大騒ぎ。
女子トイレにお店の女店員に確認してもらうも、桜井さんはいなくて、エレベータで1階に戻り、メンバーにひーちゃんは佐藤君がいなくなったときに続いて帰ったようだよといい、みんな納得。外に出て無事解散となりました。
美紀さん、久ちゃん、禎子さんが、四条河原町方面に行くのを見送り、土屋君を中心とした我々は京都駅方面のコーヒー店を歩きながら探す。松原を過ぎて少し行くと河原町通り東側にコーヒー店あり。功刀君がいたらここで一緒にコーヒー飲めたのに・・・と改めて功刀君を思い出し、涙が出そうになりました。
コーヒー店で1時間近く二次会をして解散。
土屋君はホテル京阪京都に宿泊とのことで、大島君、磯部君とともに京都駅方面へ・・・
林さん、中村君、中島君、私の4名は高島屋を目指して北上し、高島屋に林さん、中村君が入るのを見届けて、引継ぎ資料を持って歩く中島君と阪急河原町駅で別れました。
中島君が先生の米寿記念若水会に大変はプレッシャーを感じてる様子を感じ、ごめん!中島君!
任せると複雑な気持ちでした。
 

昨年7月3日に功刀君が亡くなられました

 投稿者:平場継弘  投稿日:2016年 1月 9日(土)12時20分6秒
編集済
  遅くなりましたが、少し気持ちが落ち着いたので功刀君の思い出を書いてみます。
7月13日(月)佐藤君から不在のとき何回も電話いただき、何かな~と14日(火)にやっと電話が通じたとき功刀君の訃報を知り、全く信じられなくて大ショックを受け、落ち込みました。
気持ちを立直し中村君に連絡すると、翌15日(水)水曜日10時集合で功刀君の自宅に有志でお参りに行くとのことでした。
PCメール仲間でない幸ちゃん他にもショートメールで連絡するとともに、勤務明けでしたが、明日10時には到着できないけど遅れても必ず行くから待ってて欲しいと中村君に報告しました。
7月15日(水)中村君がわざわざ地下鉄下賀茂駅に行く途中まで迎えに来てくれ、無事有志が待つ功刀邸に着き、遅ればせながらお参りし、功刀君の死に至るまでの状況につき奥様のお話を聞きました。このときいかに私の中で功刀君が大きな存在なのかと実感しました。
初めて知った幸ちゃんの彼についての面白い思い出話は興味深く、私が全く知らなかった意外な一面でした。

小学校では生年月日順の名簿のため私の次が功刀君だったので何かと一緒にいることがありました。
私は大人しくクラスの中でいるかいないかの存在でしたが、功刀君は北村君と同様いたずら好きでよく長江先生に怒られ、目立っていました。それだけ自分の本心を出しておられたのだと思います。
私は内弁慶で家や近所の遊び友達とのお付き合いでは結構勝手に元気に行動してましたが、学校では勉強と体育に自信がないため自分の気持ちを抑えて劣等感を感じ、借りてきた猫でした。だから功刀君の行動に驚きとある意味羨ましさを感じていました。先生にあれだけ怒られるのは嫌じゃないかな・・・ 悪いことして目立つのはあかん!と理解できなかったのです。
功刀君の家庭環境は私と似ていた(大学教授の父親、教育ママの母親)にもかかわらず、性格や行動はまるっきり正反対だったと思います。

中学以降は彼とは殆ど接点がありません。
接点ができたのは長期間経過した後、平成7年大阪に私が戻ってきて、若水会に参加できるようになってからです。
特に平成11年堂島アバンザにニッセイ職員として出向してからは頻繁に会うようになりました。
彼は新大阪に勤務していて営業の仕事なので自由に大阪市内に来れるため、市内中心部に来る仕事があると事前に電話が入ります。打ち合わせや来客がないと私は「おいでよ!OK」と彼に返事します。
上司の第一生命から出向の安田部長はとてもいい方で、ニッセイ、第一生命からの友達がきたらお互いいつでも職場を離れることはOKで残ってる者が仕事をカバーするという関係でした。
そこで功刀君は私のニッセイの友達という扱いで一階の開放されたステキな喫茶店で一緒に羽根を伸ばし、お互いの経験を元に遊びやいろんな話を楽しくしました。
功刀君は海外の仕事を経験していて中国、ロシア、スイス、フランス、米国の話をしてくれます。
私の全く知らない世界の話は心底勉強になりました。
ロシア人は人柄は極めてよく、政治が統制しているだけという話を聞いたとき北方領土問題でロシアに悪感情を持つ私は正直驚きました。また、中国人は合理的で人情がなく米国人と同じ。共産党政権の怖さとともにリスキーな仕事で油断できないという話も覚えています。
また、彼は東京勤務もしていて私も東京勤務の経験があるため、東京の街やそのときの仕事の状況、そのときの経済他環境の話、政治の話等延々と1時間以上も話し合い、一時の職場のストレスから開放され幸せな気分を共有しました。
コーヒー代は堂島アバンザ管理㈱の負担なので財布のお金を気にしなくてよく最高でしたよ~♪
オーナー三社(ニッセイ、毎日新聞、第一生命)が安定していて、毎日新聞の自由な社風も合わせ管理会社の経費が結構使えるいい時代でした~♪
月2回は功刀君と会ってた堂島アバンザで彼との繋がりが深くなり、不動のものとなりました。
中村君が加古川市に住んでいてなかなか京都まで来れない中、「若水会でもっと親密に話合うのは15人以上では多すぎて無理なので少人数で親密な話が出来る分科会をやりたい」と私が彼に言うと彼は「それはいい!俺は全面的に協力する!」といってくれました。
こうして若水会分科会が始まったのです。
京都にいったあるとき功刀君が京都駅近くに行きつけのいいレストランがあるよと誘ってくれ、
ホテル京阪京都13階「オーク」にいきました。
彼はマスターと懇意にしていて安心できるレストランと思いました。
何より比叡山からずっと東山がこんなに美しく見れてリーゾナブルな価格で洋風懐石を食べれることに感激しました。
そこで彼と若水会新年会をここでできたらいいな~という認識で一致し、私が勝手に企画して若水会新年会が始まりました。
第一回はなじみがなく、メンバーの都合もつかなかったのか、二階堂さん、功刀君、私の3名での新年会でした。人数は少なかったけど東山の景色が抜群で、安く美味しい洋風懐石料理が食べられ、お互い家庭も含め本音のコテコテの話ができたたのがとてもよく、強く印象に残っています。
新年会以外の分科会も何回もしました。最初は円山公園の花見会です。佐藤君が中心で桜見物のあと、フジタの飲食会で懇親しました。功刀君、二階堂さん、西垣さん、和田君、磯部君の参加が印象的です。
桜では他に円山公園2回目で彼や二階堂さん、西垣さん、磯部君と和田君が勤務している料亭にいったが佐藤君が忙しいのに遅れてきてくれたこと、京都国際会議場2回(1回目功刀君の奥様と初めてお会いした、2回目出町柳まで川のほとりを長く桜見物散策)、植物園2回、背割堤(功刀君、二階堂さん、西垣さん参加)、御室(功刀君、二階堂さん、古川君参加)、ピンクのウサギを拠点に疎水散策が出来たこと、醍醐寺(中島君の写真展)、平野神社で気温が低く桜が殆どなかったことを覚えています。
紅葉もいい思い出です。嵐山から嵯峨野散策(常寂光寺・二尊院・祇王寺、念仏寺)、永観堂(南禅寺、順正)、佐藤君の喫茶店すぐ近くの光明寺、二ノ瀬(貴船)、吉田山(京大カレー、黒谷、法然寺)が印象に残っています。
嵐山から行く途中の遊歩道で中島君が東山方面がよく見えるといってたこと、昼食時に湯豆腐がなかなか食べられず2時過ぎて空いていたある店で空腹で美味しく食べられたことは特に深い思い出です。
紅葉見物で疲れたあと喫茶店懇親会で功刀君が鴨き高校の自由闊達な校風といろんな思い出話を中村君と楽しそうに話していたのが羨ましくてなりませんでした。私は洛星高校で受験勉強のみのストイックな暗い青春だったので極めて対照的で、取り戻せない青春に今更ながら残念で、共学に行くべきだったと後悔しましたよ!
有馬君が館長をしていたとき瓦ミュージアムに行ったこともいい思い出です。功刀君は我々と違って体調の関係もあり、車で現地までの往復をされました。
また、大阪分科会も淀屋橋やお初天神近くの「天狗」で行いました。
愛知万博も彼の印象があります。会場に入って、いろんなところにみんな行きたいと思っていたのですが、話し合って中村君と功刀君のみ我々と別行動しました。そして会場で再会したとき、スピード豊かにどんどん歩く中村君についていくのが大変で疲れたと彼がぐちを言っていたのが印象的でした。
愛知博では谷口さんが忙しい中わざわざ懇親会だけのために名古屋に来て、新幹線で日帰りされたのも思い出です。素晴らしい仲間といまさらながら感謝しました。
初めての若水会ホテル宿泊で女性の誰かの部屋で功刀君も参加し、夜遅くまでいろんな話に花が咲きましたね~♪
この愛知万博、翌日の名古屋城の写真を三宅君や中村君が送ってくれたのもいい記念ですね。堀川夫妻のご負担は大変で翌日の美味しいうなぎ料理「ひつまぶし」大川まで企画し、実現していただきました。
なお、中村君が会社仕事完了の年金生活で京都に戻ってからは分科会以外でも、中島君の写真展やピンクのうさぎのリニューアル、お好み焼き割引券、祇園祭、天神祭、まさの昼食会等で中村君を含め彼とよく会いました。
年金生活者となり「気分転換に京都に来たくなったら連絡くれたらいつでも会うよ。俺の家に一度来ないか?」と温かく言葉をかけてくれたこと、彼の優しさが忘れられません。
苦労しているようだから、寂しさを癒してあげようと私のことを気にかけてくれていたのかな・・
彼や奥様の負担になってはいけないと遠慮してましたが、今となってはお言葉に甘えて彼が生きてる間にあのダイニングルームで奥様も含め談笑できたらどんなによかったか・・・と後悔しています。
彼は晩年にはお得意の辛口コメントの突っ込みが少なくなり、雑学の話を披露するときでも固有名詞が直ぐに出なくなって少し自分にいらいらしている場面や勘違いの思い込みもあり、お互い老いてきたな~と少し心配もしていたのに・・・

最後に、実は功刀君は私より若水会分科会に多く参加しています。というのは中村君主催の若水会分科会にも彼が参加してるからです。これは二階堂さんも同様です。その意味で分科会は彼と二階堂さんが中心だったと思っています。もっとも中村君が京都に戻ってからは中村君も中心メンバーとなり、磯部君や佐藤君、西垣さんがフォローするという分科会となり活気がでました。
そんな存在の功刀君の死は全く残念で、もう会うことがないんだといまだに深い悲しみを心の奥底で感じるとともに私がいずれ彼の元に天国にいくとき「平場よく来た!」と歓迎していただけるようこれからもまだまだ若水会分科会の連絡役をいたす所存です。
ご賛同いただける方はどうぞよろしくお願い申し上げます。

功刀君を偲んで3枚の写真を添付いたします。

http://

 

5月24日(日)若水会を行いました

 投稿者:平場継弘  投稿日:2015年 5月30日(土)10時23分59秒
編集済
  最近私しか投稿がないので少し心配です。
ただ、この掲示板が削除されない限り勝手ですが投稿したいと思っています。
さて、標題の通り若水会を林さん、私の幹事で行いました。
出席者は添付写真のメンバーで、先生を含め19名も集まり大盛況でした。よかったよかった!
例年秋に行われてきた若水会ですが、今回初夏にしたのは、私が幹事なので久し振りに大阪で見学会もいいかな~と思いついたからです。
大阪駅は大変身し、駅北にグランフロント大阪という高層ビルが3棟でき、人の流れが出来、結構いい店があり、貨物駅はなくなって広い空間ができ、新しい東京風の街に変わったのを見ていただきたかったのが第一。次は中ノ島バラ園で素晴らしいバラをふんだんに見ていただき、中ノ島の歴史的な日銀や公会堂も見ていただき、目立つ橋下市長がいる市役所も案内すると共に淀屋橋のニッセイビルも案内できたら・・・と勝手に思ったからです。
3月にメール仲間にアンケートで出欠を聞いたのですが、参加者0という厳しい結果。大阪と京都は遠いんだと痛感しました。
私はいつも大阪から京都まで若水会に行ってるのですが、今回の結果で、私のこの負担を京都の方々に理解していただければ幸いです。
さて、急に暑くなり、24日は夏日で汗をかきながら京大総合博物館に14:30に着いたのですが、誰も見当たらず、急な分科会ははたして集まるかと心配になりました。
すると有馬君がもう来てて、早く来たので館内一巡してきたといっていただき嬉しくなりました。わざわざ千葉から来ていただき、感謝感謝です。
そのうち、禎子さん、中村君、中島君、磯部君、古川君、土屋君と集まり、林さん他2名は遅れてくるとの連絡があったので見学会スタート。
まず、活断層の写真を見たり、遺跡発掘の写真を見る。京大の研究者が世界中に出かけて調べていることの状況がよく分かり、凄いと思いました。さすが研究熱心だと尊敬しました。
次のコーナーは自然史で小麦の初期のものを見ました。小さい昆虫を虫眼鏡で見たり、クワガタや蝶を見たり、南洋の大きな木の模型(中身は鉄筋コンクリート、外は張りぼて緩衝材)に驚くとともに別途階段で上まで行きその大きさを実感しました。
この後、遅れて参加の荒川さん、鈴木さんと合流。林さんは遅くなったので写楽に先行して若水会の準備をするとのことでした。
この次のコーナーは技術史で歯車の回転運動を見事時計の振り子の上下運動に変換できるシステムをいきなり見て感動しました。
工学系に詳しい磯部君や中村君、有馬君、古川君には当たり前の原理だったようですが、経済を中心とした社会科学系しか知らない私にとってとても新鮮で、なるほど!と納得できました。
磯部君が原理だけじゃなく社会の現場でこの原理がどう生かされているのかをここで写真で掲示してあればもっといいのにと係員に食い下がってクレームをいっていたのが印象的でした。磯部君は素人にも工学原理に親しんで欲しいとアドバイスをしているのだと熱い気持ちにいい人やな~と改めて経営者感覚に感心。
次のコーナーは文字の歴史そして京都市の昔の地図。土屋君が二条城近くに関東の土屋の殿様の屋敷がったのを証明する地名を見つけ、土屋を名乗ってた殿様がいたのだと誇らしげに言っていたのが印象的でした。
最後に1階に戻り、土器や瓦の掲示がふんだんにありました。
有馬君はもう十分見てきたといってて、近江八幡の瓦ミュージアムの若水会分科会を改めて思い出しました。
有馬君が館長にいたときの分科会、本当に素晴らしい思い出でした。
最後に入り口近くで記念写真を撮り、思い出を積み重ねました。
1時間ではとても見切れなかったのでまたぜひ来たいと思いました。

みなさんは写楽に歩いて行く中私はタクシーを捉まえ、先生を迎えに行く。
先生はスーツに着替え、今か今かと奥様と二人楽しみで心待ちされてたご様子。奥様にはくれぐれも宜しくとご丁寧に頭を下げていただき恐縮しました。
さて、写楽に到着し、先生を支えながら2階まで階段を上ると、美枝ちゃん以外全員集まって歓談されてました。
私も座席番号メモを引き、有馬君と禎子さんの間、功刀君の前、大島君と谷口さんの斜め前と座席決定。
ただ今回の座席は男子と女子が固まっていて、話しやすいかもしれないけど広く情報交換するにはふさわしくない環境だな・・・と少し不満に思いました。(林さんご苦労かけたのにごめん!)
早速先生のご挨拶。来年見事米寿を迎えられる先生はお元気そのもので、掘りごたつに座ったままで・・とみなさんで言ったにも関わらず立ってご挨拶いただきました。
やはり先生というものは立って挨拶しなければ・・とこだわっておられたのかな・・・
先生のご挨拶終了後、飲み物の注文がありそれぞれ注文。ただ、先に料理が運ばれてきて、乾杯なしに食べ始める人もいて少ししまらない時間が経過。喫茶の飲み物が残っているのでアルコールが来なくても食事は美味しいのでこうなるのは当然ですね・・・
さて、飲み物の督促もしてしばらくして飲み物到着。乾杯の音頭を誰にするかでやりとり。
遠くから来た土屋君という意見が出が、本人が毎年続くのは・・と少し躊躇。そして有馬君のほうがもっと遠い、いや荒川さんの方がもっと遠いとなかなか決まらない。
結局有馬君が「わしがやる」との決断で乾杯の挨拶をいただき、宴会開始。
あとはめいめい自由に楽しい懇親をしました。
みなさんが酔ったころ私は写真を撮ると共にびんビールで挨拶に注ぎに回る。
飲み放題の一時間半が過ぎ、堺から来た桜井さんが帰宅時間となったころあいを見て、私が「注目してください」いって立ち、今回これなかった東一ちゃん、藤田君のメッセージを健康状態を含めご披露し、来年の幹事について有馬君のメッセージをいただくようにした。
有馬君から中島君が来年の幹事となったいきさつの説明があり、中島君から女性幹事は鈴木さんに決定したとの報告がありました。
最後に中締めで記念撮影し、私は先生を送るためにタクシーを捉まえ、途中下車の西垣さん、桜井さんとともに写楽を後にしました。
先生を無事お宅までお送りし、奥様に笑顔でお迎えいただきほっと安心しました。
今回私が幹事として行動したのは往復はがきの宛名書きとメール連絡、そてて先生の送り迎えだけで後はすべて林さんにおんぶにだっこで頼ってしまいました。林さん、楽してしまいごめんね~♪
本当にありがとうございました。
最後に記念写真3枚思い出に添付いたします。




 

1/11(日)若水会新年会を行いました

 投稿者:平場継弘  投稿日:2015年 1月12日(月)21時17分25秒
編集済
  今年も恒例の新年会分科会を行いました。
出席者は禎子さん、東一ちゃん、磯部君、功刀君、中島君、中村君、私の7名。
私が11:43にホテル京阪京都13階「オーク」に着いたとき、すでに東一ちゃん、功刀君、中村君が来てて、さすが地元の方は出足が早いと思いました。そして中島君、最後に禎子さん、磯部君が11:55に到着。全員遅刻なしで、スムーズな出足でした。
ただ、駅伝がある3連休のど真ん中の日程に対し美枝ちゃんの怒りをはじめ、クレームが結構あり、私の不徳の至りと反省しました・・・
禎子さんが女性が私一人なの!と驚きと落胆の表情は印象的で、次回は女性のご都合を優先し、女性が複数参加の日にしなければ・・・と痛感しました。
さて、全員そろい、中村君から昨年の若水会の写真をCDでいただいたところで、店員からの料理コースの説明があり、メインデッシュが各自決まったところで飲み物を注文。
しばらくして、突き出しと飲み物が来たところで、羊年(年男、年女が5名)がよくなりますようにと乾杯!懇談が開始されました。
話題はまず、健康問題。血圧、血糖、白内障、腰痛で盛り上がる。みなさん苦労されてて、特に東一ちゃんや中村君、中島君、功刀君は個別に大変努力されてると思いました。
禎子さんはそんなに問題なく、磯部君、私は元気でさすが現役で仕事してるメリットが健康面にもあるかな・・・と思いました。
次に健康保険料の負担が1割がありがたいという話。私は2割負担なので、中村君の1割が大変羨ましかったのですが、これは私が就職してて勤労所得があるからということなどでやむなしかな・・
次が敬老パスの話。京都市は初期費用が所得によって差があり、功刀君は5,000円負担したとのこと。私は大阪市なので初期費用は所得額無関係で3,000円と安い。ただ大阪市は昨年7月まで京都市と同様使用料は無料だったのに今は使用ごとに一回50円負担となってしまい、
今は京都市の方が恵まれていると思いました。
ただ、功刀君のように3回しか使わず、個人収支が真っ赤な赤字となって残念なのは本人の責任でしょうね・・・
料理が終わって、デザートはバイキング。どんなに食べても料金が同じということなので少しでも得したいと私は貧乏根性丸出しで沢山のデザートをいただき、幸せな気分になりました。
美味しいデザート最高でした~♪
話がつきてきたので中村君の携帯で京都でおこなわれている女子駅伝のTV中継をみんなで楽しむ。京都、大阪、兵庫の近畿勢の白熱したトップ争いに興味津々、熱が入る。
いつのまにか14:00を過ぎ、東一ちゃんが少ししんどくなられ、お開き。
磯部君から幹事の書類を引き継ぎ、若水会幹事引継ぎも無事終了しました。
楽しい新年会を素晴らしい仲間と過ごせた喜びに感謝しつつ来年もぜひ新年会をしたいと思いました。
雰囲気を味わっていただきたく、写真を添付いたします。
なお、私が写ってないのは私のデジカメの電池がなくなったため、私が入った写真が撮影できなかったことによるものです。
 

10/23(木)若水会が行われました

 投稿者:平場継弘  投稿日:2014年10月27日(月)00時12分51秒
編集済
  お久し振りです。さて、標題の通り、2014年の若水会が磯部君、大前さんの幹事で行われました。
15:00にザ・ガーデン岡崎に集合とのことで、中庭でテーブルを囲んでコーヒータイム。
ここに行くとすでに三宅君、古川君、二階堂さん、功刀君、中島君、磯部君、大前さんがいい天気で暖かく、ステキな庭を眺めながら談笑されてました。
その後、懐かしい動物園に行く。下出さん、土屋君がもう動物園に先着してて合流し、一緒に見物。あいにくリニューアル改修中であちこちフェンスがあり、興ざめでしたが、いろんな動物を見ることが出来、楽しいひとときでした。
まずライオン、そして虎。キリンやセッサーパンダ、サル山、熱帯動物・・・と続く。とりわけゴリラが画面に出る数字を1から順番に素早くタッチし、正解を連発する姿には驚きで、最近仕事で小さなミスを連発し叱られている私としては賢いなあ・・と尊敬の気持ちで見ていました。
その後、すぐ近くの琵琶湖疏水記念館を見学。下に降りて周辺の地域を作成した精巧な模型を見て、インクライン他の位置関係、疏水の水がどのように活用されているかいい勉強になりました。
磯部君が先生を迎えに行く間、先に我々はザ・ガーデン岡崎2階の会場に入り、飲み物のみいただいて懇談。その後到着の有馬君、大島君、堀川君、鈴木さん、桜井さんが仲間に加わり、先生が磯部君と一緒に到着され、先生を含め16名が揃いました。
先生のご挨拶、そして土屋君の乾杯の発声で会は始まる。1年振りの楽しい集いを美味しい料理とステキな会場に感謝しつつしっかり味わい、いろんな話題で懇親会は盛り上がりました。
先生はまだまだしっかりされてて、この会を大変楽しみにされてて嬉しく思いました。ただ加齢により年々遠出は難しくなったとのことでした。
記念写真を撮り、無事終了しましたが、中村君が飲みすぎてしばし休養のハプニングあり。
酔いが少しさめて無事中島君、鈴木さんとタクシーで帰るのを確認し、安心しました。
来年の幹事は林さんと私ということになり、また元気でみなさまと集いたいと思います。
なお、素晴らしい若水会の記念に当日の思い出を写真で楽しんでいただければ幸いです。
 

今年度の若水会の新年会を行いました

 投稿者:平場継弘  投稿日:2014年 2月 9日(日)23時36分44秒
編集済
  2月2日(日)少し遅くなりましたが、標題の新年会を行いました。
参加者は谷口さん、二階堂さん、功刀君、磯部君、中村君、私の6名でこじんまりと1コーナーにまとまり、12:00~15:00まで中身が濃い話に盛り上がりました。
まず、敬老乗車証を美紀さんが取得され、すでに取得した他メンバーからレクチャーあり。
大阪市は写真付で1年3,000円の負担で地下鉄、バス乗り放題ですが、京都市は所得により、負担は5,000円~1,000円と差があり、しかも地下鉄、バスは完全無料ではないとのこと。大阪市は優遇されていると実感しました。
宇治市はそんなものはないとのことでした。
次に医療費の本人負担が70歳以上は1割というのが大きな魅力。中村君はいろいろ治療があるため大いに助かってるとのことでした。
今年の4月からは2割負担に倍増しますが、既得権益者は1割のままなのか・・・ 気になるところです。
ところで、料理はいつもの通り、洋風懐石コースでしたが、新たにデザートバイキングがつき、割安でいろんなケーキや飲み物、果物があり、沢山いただくことができてお得。ラッキーでした。
他の話題では懐かしの三鈷寺への分科会の話が復活し、今回の6名を中心として人が混まない季節で花のきれいな時期に行いたいということとなり、日程調整し、私からおしらせする方向で合意されました。
磯部君の故郷と美紀さんの別荘が京北町で極めて近いことがわかり、この話題も楽しかったな~♪
また、功刀君は元気そうで、安心いたしました。
土屋君から欠席連絡とともに、競馬で大勝負し、老後の生活スッテンテンとの面白いメール(真実ではないとおもいますが・・・)があり、みなさんにご披露しました。
私や磯部君は仕事に、中村君は趣味に時間をとられるのですが、他の方もそれぞれすることが多く、充実した人生を送っておられるようです。
お互い健康でこのように懇親できることはととも幸せなことなので、今後とも健康に留意し、またみなさんと元気に会いたいと強く思いました。
なお、今回直前に腹痛となり、残念ながら欠席された有馬君からこの春に息子さんが住む千葉の近所に土地が確保でき、新築住宅を建て、引越しするとの電話がありましたので報告いたします。
最後に当日の写真を添付いたします。
 

古希若水会

 投稿者:中村公男  投稿日:2013年12月 5日(木)09時35分44秒
   平場君、表題の開催報告有難うございます。現在私を含めた今回の幹事で、当日の写真配布を計画中です。当日写真を撮って頂いた平場君に三宅君、中島君の写真を1枚のCDにして、参加者の方に配布の予定です。CD送付の費用をできるだけ節約するために、可能な方には手渡しを考えております。その絶好の機会として例年開かれている新年会を想定しております。こう言う状況ですので、平場君、新年会の企画よろしくお願いします。また、できるだけ多くの方の参加をお願いします。  

レンタル掲示板
/17