投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


51年還暦同窓会

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 6月21日(水)20時32分38秒
  11月18日ですな
A組の場合は名簿もほぼ最新になっているので
楽かと思います
 

やべ

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 6月21日(水)03時29分3秒
  もう三時半
まともに行っても今日は5時か
自分はいいけど家族の負担が大きい
効率が悪い
 

AKB総選挙・来年

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 6月21日(水)00時27分17秒
  元々AKB48選抜総選挙は初期のAKB48の劇場やコンサート、CDでセンター(ゼロポジションとも言われる)に立つ、いわば「AKB48のナンバーワン」をめぐる争いであった。運営が握手会やメールの数などの指標を元に推すメンバーがセンターであるのは当然であり、それはチームAの前田敦子である。ところが、俗に「チームB押し」のヲタが文句を付けた。人気ではチームBの大島優子の方が上である。歌もダンスも大島優子の方が上手いのは当然、おっぱいも大きい(^_^;)。だから、センターは大島優子がやるべき。その声を聴いた秋元康が「んじゃ、どっちが上かファン投票しよう。1位になった者がセンター、上位の順番がそのまま次のシングルの選抜」というのが選抜総選挙である。その後しばらくは「AKBグループのナンバーワンを決める選挙」だったが最近は上位者の辞退が多くなった。かつては選挙辞退はそのまま卒業の印だったが今は様相を変えている。具体的には神セブン常連だった柏木由紀は今年辞退したが卒業は臭わせていない。絶対女王の指原莉乃は来年でないと宣言しているが卒業はしないと断言している。渡辺麻友は卒業宣言したが、事実上、来年トップを狙う松井珠理奈、宮脇咲良の上には指原莉乃が存在するのが厳然たる事実。来年の選挙はAKBグループのナンバーワンを決める選挙では無いのだ。

そこで選挙の意義が問われる。選挙が無くなる、という噂も間違いでは無い。だが、選挙はAKBグループの名前を世間に知らしめる強力なコンテンツであるのは事実。また、大きな集金行事である。これをなくしてもAKBに何の得も無い。
従って、来年以降は「若手のチャンス」という意味合いになろう。勿論、トップが24万票、なんてのはあり得ない。今年の珠理奈が11万、咲良が9万である。その辺を目標にした選挙になろう。何より今年速報5万の荻野由佳がまだ無名の新人の目標になろう。それはそれで面白いかも知れない。

そう信じよう。
 

AKB48選抜総選挙細々としたこと

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 6月20日(火)00時52分37秒
編集済
  今年のSKEの躍進は凄かった。いや、元々SKEは選挙に熱く、その選対がはじき出す数字と選挙結果の数字がほとんど一致すると言われている。だから、その気になれば松井珠理奈を1位にすることも可能と言われている。しかし、選対が選んだ道は「1人でも多く80位圏内に入れること」そして「1人でも多く選抜16位圏内に入れること」なのだ。何せ、最終的に指原24万票に対し、珠理奈11万票。この差を埋めるのは不可能に近いし、仮に可能であっても他に犠牲が大きすぎる。
その結果、SKEは選抜の中に5人も送り込んだ。AKBの4人を凌ぐ成績である。その中で特筆すべきは惣田紗莉渚8位。今回のヒロイン、荻野由佳5位が「AKBが好きで何回も何回もオーディションを落ちながらやっとドラフト1期でNMBに入れた」と同じくAKBが好きでまったく同じく何回もオーディションを落ちてとうとう年齢制限でAKBに入れなくなって年齢制限が緩かったSKEのドラフト1期に引っかかった時は20歳大学生だった。奇しくも荻野由佳と同期になる。その時のドラフトで入った中で最下位指名だったのが「引っかかった」表現になる。その時も選んだメンバーは迷ったそうである。「東京の大学生を名古屋のチームが指名してよいのだろうか」と。惣田紗莉渚は迷わなかった。東京から名古屋まで新幹線で通い、無理なら休学して年齢的スタートが遅いのを自覚してやれることは何でもやった。誰が言ったか「媚び売りの少女」。あざといと言われようがかまわない努力が実を結んだと言えよう。SKEには須田亜香里や松村香織など同じようにハンディを抱えながら根性で上昇していくメンバーが多い。

田中美久28位。矢吹奈子37位。HKTが期待を寄せる大型兵器16歳。小学校6年の時にHKT3期に合格。年齢が同じだったこと、身長も同じくらいだったこと、同じくらい可愛かったことでHKTに入ってすぐにHKT選抜(シングル曲メンバー)にはいるという破格の扱いでエリート教育。いずれはこの二人がチームを引っ張るというのは織り込み済み。その二人も順調に中学を卒業して昨年は一緒に圏内に入り、今年は選抜か?と期待されたが奈子が涙を流した。真偽のほどは分からないが「天才型の奈子、努力型の美久」と言われている。多分、来年は選抜を伺う位置にいくだろう。指原が今年で最後なのでその24万票のうち、半分の12万票が宮脇咲良、兒玉遥、なこみくに流れたら大躍進間違いなし。

田中菜津美50位。長らくHKTの中でくすぶっていた大型兵器がここにも一つ。オーディションの時、下の年齢制限で「小学校6年以上」であるのに小学校5年で受けて合格してしまい、後でばれたけど秋元康が「面白いからいいじゃないか」とした。従って多分、今度破れない最年少メンバー記録。第一期メンバーではあるが歌もダンスもそれほどではなく、シングル選抜は昨年初めて入れた。田中菜津美の武器はそのトーク力である。今、テレビで見ない日はないというくらい番組MCとして活躍している指原莉乃とコンビを組んだのが中学生。何万人もの大会場でのコンサートで指原とおくすることなくトークを行ってすべての客をうならせた。あの美女は誰だ?となる。番組ディレクターが本を50冊贈って「これを読んで成長しろ」と言ったそうである。背も高く美人顔の田中菜津美は中学1年とか2年とか誰も思わない。その田中が初めてランクイン。これでHKT選抜にも入りやすくなってまた東京ドームやSSAの大観衆の前で一人でしゃべりまくることがあるかもしれない。

市川美織61位。フレッシュレモンちゃん。年々ランキングが下がって昨年は「フレッシュレモンキャラクターをやめる」宣言をしたけどランキング落ち。後に81位だったことを知らされて絶望したのか、発奮したのか再びレモンに復帰。そうしたら紅白選抜に選ばれ勢いを得て今回のランク入り。彼女の笑顔は嬉しい。イロモノになろうが笑いものになろうがともかく「フレッシュレモンになりたいねーん」を振りまき、レモンをかぶる。一種吹っ切れたその態度にむしろ好感。いつまでレモンちゃんをやるのか?NMBにいる間は続けるだろう。

松岡はな80位。HKTの現在のエース格。勿論、指原、宮脇、兒玉などの足元にも及ばないがチームとしてフレッシュなセンターを、ということでとびきりの笑顔を持っている松岡はなをセンターにしている。それなりの人気も得ている感触でランクイン間違いなし、というのが大方の一致した意見だった。ところが、速報で圏外になってしまった。本当はその後、「伸び盛りの若手の代表」としてインターネット番組のゲストに呼ばれていたのだが絶望でボロボロになり、どうにも人の前で話せる状態ではなかったので指原が一緒に付いてきて「こんな状態なので申し訳ないが・・・」と退席した。本番では一番最初に呼ばれる80位。ランクインの最下位ながらも歓喜の笑顔で良かった。多分、速報のことがなければ70位くらいでも苦笑い程度だったろう。私はもっと上のはずだ・・・そんな思い上がりをぶち砕く今回の選挙。来年大躍進して欲しい。

はぁ疲れた
仕事しなくちゃ
 

須藤凛々花事件

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 6月19日(月)14時14分47秒
   AKB選抜総選挙、一番のトピックスは「渡辺麻友卒業」でも「NGT躍進」でも「指原3連覇」でもなく、20位という中途半端な位置にいた須藤凛々花の「結婚します」宣言だった。総選挙スピーチというのは全国生放送でもあり、これまでも篠田麻理子の「潰すつもりで来て下さい」「卒業します」などハプニングはいろいろあったがこれを越えるものはまずあるまい。「妊娠しました」なんて言うメンバーが現れるだろうか?

 ネット上では大炎上、バッシングの嵐。そりゃ、そうだろう。総選挙の結果ひとつでその後一年の活躍が左右されるのが現実だからファンは頑張ってCDを山ほど買う。指原に「無理してください」と頼まれたファンが1000枚買ったと聞いても不思議とは思わない。生命保険を解約した、車を売ったなどという声も聞こえる。それが苦しいがため、「選挙辞退」するメンバーは毎年いる。ファンに申し訳ない、と。選抜に入ったメンバーは一様にまず最初「ファンの方に感謝致します」という。
 須藤凛々花にいくら使ったか、そんなのは分からないがファン心理で選抜ギリギリにいるのは分かっているのだから多分、無理した人はいるだろう。そんな人からすれば「順位20位、ゴメン、俺がもう少し頑張っていれば選抜も手が届いたのに(そんなわけ無い)」と思った直後「結婚します」である。裏切られたと思うだろう。

 須藤凛々花 ドラフト1期1位指名4組重複でくじ引きでNMB48に入る。最初から山本彩から幹部教育を受け、本人も歌もダンスも出来ないのを努力で補う。「ニーチェを愛する哲学少女」で売り出し、出版社の社長に気に入られ「人生を危険に晒せ」という哲学入門書を出版。ゲームでしか麻雀が出来ないのに「大人に受けが良い」と判断して「私、麻雀できます」と言って麻雀の冠番組を取得、最近は「ヒップホップが好き」とアピールしてラジオの番組を獲得。飽くなき前進の力と対応力でNMBの次期エース、あるいは参謀、影の支配者と目されていた。

 だが、彼女のバックボーンはあくまで哲学である。しかも「人生を危険に晒せ」を読めば分かる通りニーチェを中心とする実存哲学。「理性で考える計算よりも感性で感じるものを優先せよ」という実存哲学に照らしてみれば「このまま行けばNMBの幹部間違いなし。一流サラリーマン並みの収入が約束される。日本中のアイドルになれる。」という計算よりも「人生で初めて愛する人が出来た」という心の方が優先することになるのだ。私はそれを支持する。20歳の女の子が人生を賭けた決断に止める言葉は無い。恋愛の結末に結婚を持ち出すのは間違いでは無い。
気になるのは相手の男である。医療関係、という話だが医者という話はなかった。願わくば看護師でもレントゲン技師でもいい。しっかりとした頭の良いそこそこの収入がある人と幸せになって欲しい。これがとんでもない男だったりして後に週刊誌沙汰になって欲しくない。

ともあれ、須藤凛々花には結婚して幸せになってこれから大学に入って哲学を学び、人生の最初の目標たる哲学者になって欲しい。ゆくゆくは何かの討論番組とかにゲストに出てくれれば最高である。
 

昭和51年卒還暦同窓会

 投稿者:A組 澤田 匡宏  投稿日:2017年 6月19日(月)12時31分56秒
  久しぶりに掲示板を見ました。誠のAKB通には只々驚くばかりです。

現在有志で還暦同窓会を開催しようと準備を始めました。まだ確定ではありませんが、下記日時で開催する予定になりましたので早めに同級生皆さんに告知致します。確定しましたら掲示板にも書き込みしますし、各クラス幹事より出欠の連絡が皆さんに行く予定ですので多くの皆さんの出席をお願い致します。
また、名簿作成など大変な作業が見込まれます。皆さんのご協力をお願い致します。

             記

日時 平成29年(2017)11月18日(土) 午後4時~6時
場所 桐生駅南口 海鮮ダイニング美喜仁館
会費 未定

連絡先 A組 澤田 匡宏 090-6010-4521 m.sawada11@gmail.com
 

AKB選抜総選挙結果

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 6月17日(土)22時25分7秒
  1位指原莉乃
2位渡辺麻友
3位松井珠理奈
4位宮脇咲良

来年、このメンバーが参加してやったら同じ結果になりそう。上位二人が「今年が最後」と言っているので来年は3位4位がそのまま繰り上がると今から予想される。

そろそろ順位とか神セブンとか選抜入りとかへの興味は横へ置いた方が良いかもしれない。ただ、それらの競争があるからこそスピーチの出来が秀逸。感動の涙を誘うものが多かった。今年は何人かの幹部メンバーから「スピーチがクソ面白くねぇからなんとかしろ」という大号令がとんだのが効いたかも知れない。

それにしても
「結婚します」の須藤凛々花にはびっくりした。前の番組の終盤にスポットで入って何事だ?と思ったのだが、炎上路線の須藤らしいと言えば須藤らしいのだが、やはりいくら頭が良くても20の女の子、未熟なところは隠せなかったか?ネットで検索するとどうやら文春に捕まったらしい。文春は総選挙の後にAKBのスキャンダルを載せる。指原事件も同じ。だから文春に載る前に公表してしまおう、という気持ちだったのかも知れない。だけどおかげで荻由佳の感動や渡辺麻友の卒業宣言、指原の三連覇が霞んでしまうと本末転倒かと思う。

詳しい統計は調べていないが、新潟NGTの躍進は荻由佳以外にも素晴らしい。北原里英も自信の選挙成績の中でも最高順位の10位で終わった。麻友の「全部5位以内」というのも素晴らしいが北原の「全部10位台」というのも特筆すべきである。その他、本間、高倉、中井、角、西潟などがランクイン。おそらく、今回、一番の幸せ者は北原里英だと思う。一人一人が発表されたときの新潟チームの盛り上がりが凄かった。それに比べて盛り上がりでは一番と思われたHKTがいまいち元気がなかった。

SKEの勢いも凄かった。一時期、弱くなった体制を立て直すためにAKBと長く兼任していた松井珠理奈がAKB兼任をやめてSKE一本に絞ったのが効果あったのか?

AKBは麻友が卒業宣言したので事実上トップは総監督横山由依、岡田奈々、高橋朱里体制になるのだろう。ただ、横山はともかく、岡田と高橋のスピーチに「原理主義」的なとげとげしさがあり、やや心配。特に岡田は新生STU兼任であり、言葉の端々に劇場支配人である指原を当てこすったものもあり、指原の采配が必要になるかも知れない。

NMBは山本彩が白間美瑠にトップを禅譲し、さてこれから、と言う時に有力な参謀となるべき須藤凛々花事件が巻き起こってしまい、さて、それに変わる人材は?というと正直思い浮かばない。


ともあれいろんな事があったけどやっぱりAKBは面白い。一度選抜から漏れてしまった向井地実音の逆襲に期待したい。
 

AKB選挙コンサート沖縄雨で中止

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 6月16日(金)19時24分5秒
  場所と日程が発表された時点で多くの人が危惧していたことがそのまま実行された。
梅雨前線が居座る沖縄、豪雨と雷で野外ステージなど論外
順位発表は無観客で公民館(客席700程度)で行われるという
こんな時こそテレビマンの腕の見せ所
観客がいないビックイベントをどのように盛り上げるのか

ともあれ、「晴れ女」の北原里英と「雨女」の「柏木由紀」
柏木由紀が選挙を辞退したことで晴れると思われたのに直前になって
柏木由紀も沖縄入りを伝えられてから梅雨前線ということで柏木由紀の勝ち
 

AKB選挙は島田晴香

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 6月16日(金)19時04分5秒
編集済
  さんざん悩んだ末、AKB選挙、私の一票は島田晴香にしました。
押しのHKTに入れたかったし、NGTの頑張りに一押ししたかったのも確か。
私の心の中にこの一年、一番残っているSKEの松井珠理奈もよかった。

でも、今まで一度も圏内に入ることがないけど「AKBにいる限り、どんな成績であろうとこの選挙に出続けるのは私の役目」と断言して真っ直ぐ前を見る彼女の心意気、外国公演の先発隊でも大食い大会出場でも雛壇の上でもその気になれば芋虫だって食べてしまう、必ず結果を出しながらAKBの中ではイロモノ扱いでミーハー人気は無かった。今はドラマ「豆腐プロレス」で悪役団体「工事現場同盟」を率いるユンボ島田を演じ、「ジャイアントスウィング」を実行するために体重を無理矢理増やし、アイドルとしての道を絶った。これが彼女の突然の卒業理由ではないかと思っている。

AKBでは燦然たる実績を残しながら総選挙では全て圏外の島田。最後の一回、たとえ80位でもいいから彼女の名前を記録に残してやりたい。指原か麻友か珠理奈が歌うであろう選挙曲のカップリングに彼女の姿を残してやりたい。心底そう思う。

実家は温泉旅館のお嬢様。料理や行儀作法など女子力は高い。毎年選挙の時は複数のヲタが泊まり込んで一緒に選挙結果を見て、「また今年も駄目だったな」と言いながら一杯飲むという。大学の商学部を卒業したので実家を継ぐのかと思ったらまだその気は無いという。ただし、他の卒業者のように「役者」とか「歌手」とかではなく、芸能界から引退するそうだ。いずれはやはり実家に入って婿を取るのが良いと多くのファンは思っている。出来ればその身になりたいヲタも沢山いるだろう。そうしたら向こう10年はお客が途切れることは無いだろう。
 

AKB総選挙誰にする?

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 6月13日(火)22時11分27秒
  AKB48選抜総選挙 投票

 投票締め切りは16日だが、私の場合「ついうっかり忘れる」可能性を否定しきれないのでそろそろやろうと思う。推しメンはいるが、選挙投票は別物。そもそも1票しか無い。その1票を誰に捧げるか、ここで書きながら決めていこうと思う。昨年はNGTの北原里英に入れた。まだメンバーも劇場もなく、名前だけの新潟NGT48に単身乗り込み、メンバー集めから初めてようやくひとつのチームを作り上げたその努力に報いたかったからだ。結果(というわけではないが)北原里英は12位に食い込み面目を保った。彼女の得た50190票のうちの1票は私である。

 私は元々指ヲタ(指原莉乃ファン)のHKT48箱推しDD(HKTチーム全体を推して誰でも大好き)である。それ故、まず最初に考えるのはHKT48のメンバー。指ヲタとしてまず指原を第一候補にするのは言うまでもない。ましてや彼女が「これが最後の選挙」と公言している最後の選挙を圧倒的大量得票で今後誰にも破られない三連覇を飾りたい気持ちは山ほどある。
 だが、本来なら投票したかったのは兒玉遥だ。チーム結成以来先頭に立って引っ張り、宮脇咲良台頭の後は必死に咲良を追いかけ、驚異的な追い上げをしているのに咲良は常に一歩先を行っている焦りを見せず、ニコニコ笑いながら努力をつなげ、総選挙17位という悲劇をバネに昨年とうとう選抜9位まで登りつめた経緯に感動せざるを得ない。今年、いよいよ「神セブン」という順番で大晦日紅白選抜の悲劇。ひょっとして指原並みに生き方が上手ければこれバネに神セブンどころかベスト5も夢では無かったろうが運命は彼女を崖から突き落とした。病んで(原因は発表されていない)数ヶ月の休養と選挙辞退はつくづく残念。
 HKTの実質ナンバーワン(指原は別格)は宮脇咲良。宮脇は兒玉が信じられない勢いで昇ってくるのに常に先を行き、一度も躓くことなく順位を下げずに6位まできた。上位の5人は指原、渡辺麻友、松井珠理奈、山本彩、柏木由紀というどうころんでも入れ替わりがなさそうな鉄壁の5人。元祖神セブンに匹敵する、いや、それ以上のメンバーである。だからこそ宮脇はそこに食い込みたかった。一昨年の7位から昨年、6位に上昇しながらスピーチでは泣きじゃくっていたが、それは「1位を取る」と公言していながら壁の厚さに開票が始まる前から絶望し、その通りに跳ね返された者の絶望の涙だった。それでも翌年(今年)の1位を目指すスピーチを行ったが、賢い彼女である。上位の中で2名不参加になった現在、4位ではまるで意味が無いのを分かっている。どう考えても指原、渡辺、松井を越えるのは至難の業。来年になって指原・渡辺が消えて2位になっても、いや、松井を破って1位になっても満足できないだろう。自分の中に、そしてファンの中に「あの時の5人をどうしても越えることが出来なかった宮脇咲良」が残る。咲良に1票は充分にありうる。
 HKTの中で指原、宮脇、(兒玉)の後に選抜を狙うとすると朝長美桜がくる。笑うとカシューナッツの目、まん丸の顔、そしてそれに似合わないグラマラスボディー。そんなポニョポニョフニャフニャでありながら内心はもの凄く負けん気が強く、昨年も上昇しながら選抜(16位以内)に入れなかったとスピーチの場で号泣した。「HKT48を世界に通用するグループにする」と志も高い。今、彼女の目は「選抜入り」は勿論だが、すぐ下に迫ってきた矢吹奈子にもの凄い闘争心を抱いているようだ。矢吹奈子は指原がおおっぴらにえこひいきしている16歳。かつて子役でテレビドラマに出ていて芸歴15年。握手会で指原からスカウトされ、指原と同じチームに入るために小学校6年で志願して東京から福岡に引っ越してHKT入り。3期生として入るとすぐに同期の田中美久と共にHKT選抜に抜擢「なこみく」は売り物の一つとなった。小学生、中学生としっかりと選抜で鍛えられ、テレビカメラにも慣れ、昨年の紅白選抜ではファン投票で選ばれながら中学生なので9時過ぎの歌唱に出られず、早出の天童よしみのバックダンサーを務めた奈子美久も高校生。いよいよ本格的アイドル活動が出来る。そのとっかかりに「選抜入り」は成し遂げたいところ。出来れば美久も一緒に。とすると、HKTは今年新たに選抜に朝長、矢吹、田中を入れられるか?兒玉遥の6万票をうまく2万票ずつ分けてくれれば万々歳だが・・・。

 「上位に入れたい、選抜に入れたい」という気持ちと共に「なんとか圏内(80位)」という気持ちもある。昨年の80位がHKTの村重杏奈13058票。まずは今村麻莉愛。群馬県出身の13歳。身長130cm(?)手のひらに乗るかも知れない。この子のステージは面白い。小さな体が弾んでいる。全然見劣りしない。小さいというのはある意味とても目立つので遠くからでもよく分かる。
 松岡はな。今村と共にドラフト2期生。特別美人ではないが笑顔が特別カワイイ。そしてそれを崩さない。度胸もしっかりしていて将来の幹部候補生。既にセンターも務めている。
 村川緋杏。上記二人と揃って「ドラフト2期生」。この時のHKTは超のつく逸材を3人揃って取った事になる。頭の回転がよく、しゃべりも素晴らしい。美人ではないが一目見て顔を覚えてもらえる個性の持ち主。バラエティー斑を引っ張って行くだろう。現在、AKBグループ全体を見渡しても「グループコンサートでバラエティ」人材はAKBの中西智代梨、SKEの谷真理佳、HKTの田中菜津美、村川緋杏・・・図らずも全てHKT出身者である。福岡の地にそういう流れがあるのか、あるいは「指原の秘蔵っ子」だからなのか。
 山川エミリー。闇を抱える美少女。どうにもアイドルにふさわしいとは思えないが、うまく使えば跳ねると思うのだけど。
 田中優香。おっぱい。それだけ。

 HKT48以外のチームにも推したい人材はいる。本家AKBでは岡田奈々、高橋朱里、向井地美音、小嶋真子、この辺は無条件で選抜入りしてもらわないと困る。特に岡田奈々はSTU(瀬戸内)兼任でキャプテンでもあるので箔を付けるためにも出来れば神セブンを伺う位置に行って欲しい。ただ、小粒すぎるよなぁ・・・。本店であるからにはそれなりの大物感が欲しいのだけど柏木由紀が辞退し、渡辺麻友が「今年が最後」と言っている以上、その下の上記4人が跳ねて欲しい。総監督横山由依は上が抜けたので順送りで神セブンというのが横山らしいと言うべきか。あくまで総監督としてが第一でメンバー第二ならば「順送りで神セブン」はそれなりにいいと思う。
 その他、AKB本店は余り知らないのだが、今やっているドラマ「豆腐プロレス」で予想外の活躍を見せ、多分、シナリオも書きかえさせて私から見れば一番のヒロインに見える島田晴香。既に卒業宣言しているが「AKBでいる限りは選挙は出るべき」と出て来た。これまですべての選挙に立候補したけど一度も圏内に入ったことは無い。AKB9期。総監督横山由依、アイドル島崎遥香など逸材が揃った時期にリーダーシップを取るほどの気力・体力・向上心を兼ね備え、ともかくチームの芯として、あるいは縁の下の力持ちとしてある時は大食いキャラとしてお笑いの中心に、外国公演ではチーム中心として存在感が大きかった。なぜ彼女がこれまで選ばれなかったか。。ファンは「この子を俺が支えてやらなきゃ」という気持ちが大切だという。島田を支えるという気持ちは湧きにくいのが一番の欠点。でも、もうやめるのなら最後の一票、島田にやってもいいと思う。それだけの貢献を充分にやってきた。一度くらいは彼女のうれし泣きを見たい。

 「支えてやらなきゃ」という気持ちが湧かないのはSKEの松井珠理奈も同じ。だけど彼女の場合は庶民派の島田と違って堂々たる女王様。11歳の時からずっとお姫様であり順調に女王様まで成長してきた。今回、もし、指原を倒すとしたらそれは珠理奈でしか無い。ドラマの「キャバすか学園」「豆腐プロレス」共に主人公は宮脇咲良だったが明らかに珠理奈の存在の方が大きかった。「支えてやりたい」どころではない。とんでもないパワーの前にヲタたちはひれ伏すのだ。来年、指原と麻友がいなくなった後、珠理奈が3連覇するかも知れない。咲良以下、珠理奈の現在のパワーを受け止める人材がいないから。いるとしたら珠理奈と違った方向からオーラを見せ始めている矢吹奈子、特殊な才能を持っている須藤凛々花、まだ正体が分からないNGT、STUの面々になろう。

 今年、速報で大波乱を起こした新潟NGTは今のところ入れるつもりはない・・・でも、荻野由佳と加藤美南には心が揺れる。



 ともかく、私が個人的に一票を捧げたいのが以上の面々である。
 どうしよう、選べねぇ。やっぱりCDをあと10枚買い足すか?
 

AKB48総選挙奇跡の1日

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 6月12日(月)22時01分15秒
  AKB48選抜総選挙

 AKB48というエンターティーメントが全て詰まったのがこの選抜総選挙だろう。私はこう見えても新参者でまだ二回目。残念ながら「元祖神セブン」である前田敦子、大島優子、篠田麻理子、板野友美などはかすったくらい。一応話の切っ掛けとして「大島優子や前田敦子より篠田麻理子や板野友美の方がいいよなぁ」というのを出すくらいの「なんちゃってAKBファン」だった。それがのめり込んだのはやはり指原莉乃の存在。指原が二度目の女王となり、「ハロウィンナイト」でセンターを務めた時からのファンなので「ハロウィン新規」である。だから、今年はまだ二回目なのだ。

 二回目のCD「願い事の持ち腐れ」に入っていた総選挙投票券とおまけの生写真はNGT48の中井りか。一応NGT48デビュー曲のセンターということは運営一推しの逸材。NGT結成当初はチーム序列として3番か4番目くらいだったがネット動画配信showroomと握手会で一躍個性を発揮し、自称「釣り師」。一度見たら必ず自分のファンに釣り上げると豪語する。

 当初、今回の選挙は何人ものベテランが卒業、出場辞退をし、女王経験者である指原莉乃と渡辺麻友が「今年が最後」を明言したため新旧交代と「指原・渡辺最後の決戦」が目玉だった。それが投票開始から丸1日経った後に行われる「速報(途中経過)」ですべてのファンが目を剥いて「誤報だろう?」「インチキじゃないか?」と芸能ニュースは大荒れ。特に、新潟のテレビはニュースの時間に揃って大特集を組んでいた。

 速報では100位から発表。「選抜メンバー」と言われる16位以内に久保怜音、倉野尾成美、加藤夕夏という新鋭が名前をならべ、「神セブン」からは高倉萌香、本間日陽が呼ばれて新潟に絶叫が走る。まぁ、ここまでは予想できなかったことも無い。知名度の少ない若手に熱心なファンが「初日にすべての財力と体力をかけてメディアに載せる」のはこれまでもあったこと。いよいよ上位になって4位に渡辺麻友、3位に指原莉乃、2位に松井珠理奈、と多少の驚きはあってもこの辺のメンバーはこの後10万票レベルの上積みがあるので大した問題では無い。問題なのは2位まで出て有力メンバーが全て出そろったこと。各チームのエースクラスは全部出てしまった。唯一残っているのは新潟NGTの加藤美南か?あとは唯一一期生き残りの峯岸みなみに「ご祝儀」があったか?というのがあらかたの予想だったろう。

 そこに発表されたのが「NGT48 荻野由佳 55061票」である。新潟NGT劇場に絶叫がこだまし、半狂乱の荻野由佳がテレビに映し出され、新潟のニュースでは何度もリフレインされた。

 荻野由佳、誰もが言う「苦労人」。どうしてもAKBに入りたくて何回も何回も毎年オーディションを受け、落ち続け、正規メンバーになれない「バイトAKB」で修行を重ね、やっと「第二回ドラフト会議」でまだ誕生したてでメンバーもAKBから移籍した北原里英と兼任の柏木由紀しかいない状態のNGTに「即戦力」として西潟茉莉奈と共に初代メンバーとなり、現在はチーム副キャプテンとしてキャプテンの(何かと留守がちな)北原里英を補佐している。苦労人だけに何事にも必死で汗の飛び散るダンスパフォーマンス、人々の胸に刻み込まれる握手会は一度でファンになるという。

 無名の新人が熱心なファンが財力と体力をかたむけて1日の「速報」で飛び出るのは良くあることである。しかし、今回、驚きなのは並み居る強者を退けて速報とは言え、1位になったこと。これはニュースバリューとしては特級であるのは間違いない。「AKBの歴史」に刻み込まれることだろう。そして、その票数である。55061票という数字は昨年の最終12位、奇しくも直接の恩人、北原里英を上回っている。つまり、このまま1票も追加されなくても昨年に当てはめれば12位選抜入りなのだ。これが同じく悲鳴が上がったNGT本間日陽(5位)の場合、25032票である。これだけでも充分に凄いし、この結果を見て新潟ファンがさらに上積みをする可能性もあるが、現段階では昨年の38位レベル。選抜入りするためにはあと15000票を獲得しなければならない。「それくらいは楽だろう」ということはできない。いろいろな経路があるのではっきりしないが、1票あたりにかかる投資金はおよそ1000円としよう(CDは1500円くらい)。従って100票を動かすには10万円、中には1000票を動かす100万円を投資するヲタもいるそうで、「車を売った」とか「生命保険を解約した」とかいうのがまことしやかに流される。これが荻野由佳に5千万円を投資した人間がいる。しかも1日で。それが「中国の大富豪」なのか、あるいは新潟シンジケートの1000人が1万円ずつ支払ったのか分からない。ネット上でもまったく分からない。ともかく一つの意志の元に。

 財力と共に体力も相当必要。なぜなら、選挙券で投票する時にシリアルナバーを打ち込むのが相当大変なのだ。16桁の数字とアルファベットを間違いなく打ち込むのは至難の業。それが100枚とか1000枚だとその為にバイトを雇う必要も出てくる。なぜなら「最初の1日」でケリを付けなければならないからだ。速報が終わればあとは本番まで中間発表は無い。「新潟でしか名前の売れていない」荻野由佳のファンは1日で5万枚の投票をしたのだ。同じく本間日陽のファンは25000枚、高倉萌香のファンは21000枚の投票をした。これが指原莉乃や渡辺麻友ならばファンは日本全国に広がっており、選挙対策本部も整備されているだろうが、何の地盤も無いこの三人がこれ以上の上積みをどれだけ出来るか?浮動票をどれだけ取り込めるか、新潟がどれだけ燃え上がるかが「選抜には入れるかどうか」の勝負を分ける。とりあえず昨年の例で「最低4万票、出来れば5万票で選抜(16位以内)入り出来るか。荻野はクリアした。荻野は7万票取って「神セブン」出来るか。

 人はそんな事に大金を使うのはばからしい、という。ある調査ではヲタがアイドルに使う金額は年間7万円だそうだ。とすればそんなにおかしな数字では無い。パチンコで年間7万円使ったらあきれられるだろうか?飲み代で年間7万円は多いだろうか?趣味趣向でヲタがアイドルに使うのは決して馬鹿馬鹿しい値段では無い。いや、趣味趣向だからこそ他人から見れば馬鹿馬鹿しいくらいの出費も出来る。自動車を「イタ車」にしている人を哀れむことなど出来ない。
 

AKB48総選挙番組

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 6月12日(月)00時39分27秒
  ネットが使えない二ヶ月間何が一番困ったかというとヲタク情報であるAKB48選抜総選挙のことがまったく分からなかった事。驚愕の速報はスポーツ新聞をもらって読んだ。今、忙しい仕事の合間を縫って見ているがどこもにたような番組だけど一番面白かったのが

AKB48総選挙2017直前討論会 SKE48 NMB48 HKT48 NGT48 STU48
https://www.youtube.com/watch?v=wVXMQa7S8io

タイトルに反して他のチームはほとんど関係無くてSKE(名古屋)のことだけをチームメンバーとプロの評論家や雑誌編集者たちが1時間半、たっぷり話し合った。そこで彼女たちの選挙にかける思いの重さと軽さを赤裸々にさらして非常に面白かった。プロの知識人(それもとびきりのヲタク)に20歳前後の世間知らずの女の子がかなうわけ無い。結局自分の未熟さを突きつけられて泣き出す子も出て来た。特に20歳以下の若くて美人を売り物にしているメンバーは弱い。それに対して数々の修羅場をくぐり抜けてきた松村香織や大場美奈、大学生になってからSKE48に入った惣田紗理奈たちは肝も据わっていて話に破綻が無い。未熟でも熱は負けない、という意志をはっきりと持っている。

この番組が終わった後の追加動画では反省会で十数分間、なにも出来なかった古畑奈和がずっとうつぶせで泣いていた。今、SKE48は旧来の「泥臭く汗を掻く」から「カワイイ」に路線変更をしている最中らしい。その中間にいるのが今回画面上で派手に泣いた古畑奈和や北川綾巴(どちらも美女!)。今回のことを糧に一段と成長して「新世代」たちを引っ張って行って欲しいと思う。ちょっと古畑奈和に心を動かされる。私に投票券が10票あったら1票くらいは入れたかも知れない。

別にSKEのメンバーの名前など覚えなくてもいいから、1時間半ひまがあったら暇つぶしには推薦出来る。
 

桐高同窓会のお便りが来た

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 6月10日(土)01時29分37秒
  今年は7月1日?
もう一ヶ月無いじゃん
行けるのかなぁ・・・
わかんねぇなぁ・・・
ユリが咲いたらサイトーんとこにでも持っていこう
間に合うかな?
51年卒の「還暦同窓会」はどうなっているのかな?
 

還暦を迎えて

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 6月 7日(水)01時50分38秒
   還暦を迎えた。自営業者で定年など頭に無いので還暦と言ってどうということはない。ただ、以前から、60になったら・・・と思うことがある。
 私は十代、二十代・・・と五十代までおよそ10年ごとに5回、ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」を読んだ。だから六十代でも読みたい。この年代になるとそろそろ頭も目も難しいだろうからなるべく早い内に読まなければならないだろう。七十代になったらきっと全集本の大きな文字の本を探すだろう。いや、その頃には電子ブックも今より良くなって電子ブックの活字で読むのが現実的かも知れない。
 ともかく六十代でカラマーゾフを読む。ささやかな、そして唯一の目標である。世界を旅行したいとか南の島でのんびりしたいとか、種田山頭火のように放浪したいとか、そんな事は夢の世界でしか無い。

 カラマーゾフの訳は初心に返って米川正夫でいきたい。
 

困らなかった

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 6月 6日(火)21時03分44秒
  ま、私としても二ヶ月間ネット無しの生活。余り困らないな、というのが正直なところ。いつネット事故が起こっても大丈夫。社会の情報もプロ野球もその気になればテレビのデータ放送がカバーできる。メールなど実業にまったく役に立っていない。ただ、さすがにAKBの情報が取れないのだけは困った。この二ヶ月間、選抜総選挙を始め、主要メンバーの卒業発表だの伊豆田莉奈のBNK48(バンコク)完全移籍だの記事のタイトルを眺めているだけでゲップが出る状態。  

やっと復活

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 6月 6日(火)20時54分27秒
  復活、っつーってもさして実のある内容になるとは思えませんので
お好みの方のみお読みください。
別にこれで収入を得ているわけではないので。

始まりは昨年暮れでした。「NTTの関連会社」を名のる所から電話があり、「今、NTTのギガWi-Fiをやるとお得ですよ」という見るからに怪しげな内容なので普段なら無視するところ、そのころ頭がおかしかった私は「NTT東日本」にも釣られて乗ってしまったのであります。その時は本当に頭がおかしくて、それ以外に電力も「動力の切り替え」などと言う怪しいのに釣られ、「工場蛍光灯のLED化」もやってしまったのです。LED化は確かに便利ですが、果たして動力の切り替えが吉と出るか凶と出るか分かりません。でもまぁ、電力の方はとりあえず片が付いたのですが電話の方が長引きました。
「お安くなる」の言葉に反し、最初の一ヶ月など今までの倍の値段が通帳から引き落とされています。これだけで「お安くなる」のかなりの部分が削られてしまいます。その後も一向に以前の電話代を下回る気配がありません。電話をすると「それは116(NTT)」に電話してくれ、という態度。しかも、何度か電話をしてみるとどうも「1ルーム1電話3社員」の会社のような気配。
完全に頭にきているところに今度は「NTTの子会社」を名のる会社から「おたくの電話をWi-Fiにしませんか」という似たような話だけどこっちは頭にきているから「同じ話をもらった別の会社にしたら今、痛い目にあっているんだ。元に戻したい」と言ったら「それじゃ、うちが元に戻す手続きをしましょう、無料で」という詐欺の標本みたいな話だけど前の会社に頭にきているから乗ってみた。
今回は一応NTT東日本にも直接聞いてその会社が「本当に子会社」であるのを確認、無料でそんな手続きをするのは「他の会社からNTTに顧客を持ってくれば相当量の報酬がある」らしく、「2年縛り」だとか「買い取り何万円」とかをみんなクリアして出来るらしい、理屈的には。
ともかく、その会社に身を任せ、こうなったら損したって元の会社と付き合いたくない、という思いのみ。
ところがこの手続きが誠に複雑。
まず、元がフレッツ光だったものを別会社に乗り換えたので一度アナログ回線にして、その後元の会社の回線を廃線にしてその次にNTTの光を再び引っ張ってきて・・・というのをここに書いた二倍くらいの手間を使って工事人も何回も入ってうんざりです。

ようやく電話もファックスも問題なく使えてやれやれと思ったらネットが使えない。

さんざんNTTとプロバイダを往復してようやく有線が繋がって
そして今日、無線も繋がってめでたしめでたし

さて、数ヶ月後、電話代はいくらになっているのだろう?
 

ネット遮断

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 5月 8日(月)10時32分17秒
  一ヶ月以上ねっとできませn
セブンイレブンでやったらメールが2000以上たまっていて
途中で電池が切れそうなので辞めました
後数週間はこのままですが、ま、いいかな?という心境もあります
 

他人の空似?

 投稿者:aged ruggerman  投稿日:2017年 5月 3日(水)09時44分24秒
    1ヶ月ほど前の新聞に気になる画像が載っていたので調べてみました。
    「関東医学部入試イベント2017」を検索してみてください、
    その第2部の講師の方です。
  他人の空似でしょうか?

  別件:誠っちゃん、生きてるかい?
 

イズミちゃん死す

 投稿者:D組中退・千春メール  投稿日:2017年 4月 5日(水)23時49分25秒
  桐生が岡動物園のアジアゾウのイズミちゃんが死んだニュースを見ました。
昨年,北小の同窓会で有志を募って「岡公園」に行き,その姿を見てきました。
最後に会えたので,悔いがないです。

この年になると,「あの時にXXしておけば良かった」が増えてきます。
悔いのないように,思いついたことはやっておきましょう,ご同輩。
 

まーた4時を過ぎちまったい

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 4月 3日(月)04時22分43秒
  そんなつもりじゃなかったんだけど
体、削ってるなぁ
 

巨人8連勝

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 4月 2日(日)22時46分29秒
   イースタンリーグの話。二軍。現在10試合で9勝1敗勝率9割。何がそんなに凄いのか?と選手個人の成績を見ると打撃はそうでも無い。打率で巨人トップの堂上でも3割行っていない。ただし、投手陣は良さそうだ。宮國が完封している。高木勇も2勝している。リリーフ陣だって4試合で無失点の戸根を始め、上位を巨人勢が席巻している。
 今はまだ一通りの顔合わせ時期らしい。これから徐々にレギュラーが固定され、一軍に抜擢されるのが何人いるか?

 とりあえず岡本の代わりに橋本、中井の代わりに堂上の方が一軍は落ち着くだろう。どこまで高橋監督が我慢出来るか、である。

 先発投手は宮國、高木勇がいつでも取って代わる覚悟があるだろう。一軍の先発陣、2試合結果を出せないと即交代はありうる。
 

巨人6-3中日

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 4月 2日(日)21時57分44秒
   巨人、開幕三連勝である。今日はなんと言っても代打、亀井だな。ほぼ10年くらい、ずっと期待を裏切って来た男。それも大田みたいにまるっきり答えを出さないわけではなく、ある程度「おおおお、今度こそ覚醒か」と言う時と「ともあれ代打、代走、守備要員には重宝」という時が大部分だからクビにも出来なければトレードにも出せない。かといってレギュラー取れないという微妙な選手。ま、便利と言えば便利だけどね。このまま外野のポジションを取っても良いんだけど(多分、全ての面で岡本より上)やっぱり便利屋で終わるんだろうなぁ。それはともかく今日は亀井の一打で膠着状態だった試合が決まった。ライト線への鋭い当たりは昔そのまま。

 まだ三試合なので何が原因で三連勝したのかよく分からない。確かなことは坂本と阿部の二本柱が調子良いということ。昨年は阿部はスタートダッシュ失敗していた。なんで昨年、高橋監督は「阿部捕手」にこだわったんだろう。一昨年のことからもう阿部に捕手は無理だ、と素人でも考える事。ま、素人考えでプロの考えを否定しちゃ拙いのだけど、やっぱり無理だったなぁ。去年、最初から一塁だったらあんなことにならなかったのに、と思う。

 とりあえず先発投手は責任を果たし、リリーフもそれなりに働いている。昨年は明らかにどこか具合が悪い山口をこれでもか、と使ったが今年はそんな事は無いようだ。まだ三試合だけどね。

 中井、岡本は第一戦だけ。三連戦で二試合くらいはヒットを打たないとそうそう面倒は見てもらえないぞ。坂本が一年目、1割台の打率でも使ってもらえたのは守備が良かったから。その時、二岡は故障していたし、そうそう簡単には変えることが出来なかった。でも中井の二塁、岡本の左翼は亀井を始めおそらく出れば中井、岡本より現時点の実力が上の選手はいる。その辺が巨人で若手が育ちにくい状況なのだが、ともかく「必死さ」が表面に出てこなければならない。あとは高橋監督の胸先三寸。どこまで1割台のちょっと危ない守備の若手を我慢出来るか・・・。とりあえず今は勝っているからいいけど。勝率5割が目安か?
 

巨人4x-2中日

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 4月 1日(土)17時47分34秒
   昨日はラクラクの余裕ある勝利、今日は控え選手をフルに使ってドキドキの逆転サヨナラで休場にいた巨人ファンは応えられなかっただろう。
 田口はよく投げた。ただ、不用意な一発を浴びたのはやはり若さか?見ていて安定感があったので今年も10勝くらいは出来るはず、と安心した。
 リリーフで谷岡、池田の新戦力を使え、昨年最悪だった山口が使えた。
 代打で石川、脇谷、亀井、村田がつかえた。何よりマギーがきて本来なら万全な守備も含めて5番を任せるはずの村田が外れていてもちゃんと戦力として機能しているのに感激。
 最後を決めた阿部の逆転サヨナラスリーランはまぁ、一年に一度くらいはあるのが当然だな、というものなのであえて驚かない。
 

AKB選抜総選挙辞退者

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 4月 1日(土)15時45分43秒
   なぜ辞退者が問題化、話題になるかというと、「選抜総選挙」とは「握手会」と同じくAKBグループの元締めであるAKSの営業活動だから。NHK紅白におけるきれい事の人気投票でなく、商売なのだ。だから、「その仕事、やりたくありません」と言ったら首になっても窓際に左遷されても文句が言えない。

 その中でメンバーたちは葛藤する。一つは上位メンバーの厳しい位置争い。特に1位はこれまで前田敦子、大島優子、指原莉乃、渡辺麻友の4人しかいない。1位に届かず敗れ去った数々のメンバーはそこまで行くのに費やした多大な精神的負担に疲れ果てて「もう二度とこんな思いはしたくない」とつぶやく。
10位から20位くらいに位置するメンバーは選抜16人の上か下かで涙と歓喜を分ける。そして17位以下になった時、特に上から落ちてきた時心が折れる。中位のメンバーは年々新しいメンバーが迫ってきて追い越していくのを目の当たりにする。そして70位以下のメンバーの悲喜劇。80位に呼ばれなかったメンバーの絶望。何年もそれを経験していけば辞退もしたくなるのはうなずける。

 そして、「心折れての辞退」は「既にやることをやっての辞退」と共に「卒業」を想像させる。必ずも一致しないが、これまでの経験則で選挙辞退者が一年以内に卒業する確立は極めて高いのは否定しがたい。


○AKB
入山・村山・柏木・木﨑・田名部・谷優里・濵松・福地
入山杏奈は上記で言う10位から20位の安定したメンバーだけどそろそろ先が見えた口。特に、入山の場合は以前、握手会で暴漢に遭い、重症を負ったトラウマがあって運営から握手会を免除されているが、それに文句言う無慈悲なアンチのいまだに存在する。AKBを代表する美女なので需要は多いが卒業の潮時かも知れない。
柏木由紀は「初めて初期神セブンを破った女」で神セブン上位常連。ただ、昨年は5位に終わって「そろそろ潮時か」と思わせた。ソロでの全国コンサートも成功させている。
木崎ゆりやは次期総監督の有力候補と言われるくらい精神力が強く、やる気が前面に押し出るタイプなので今回の辞退は意外。まさか木崎が卒業?
村山、田名部はそこそこ人気はあるが80位圏内に入るのが難しいレベル。戦線離脱、と言っては失礼で「自分たちの輝く場所は選挙でなく劇場である」と言うタイプ。劇場でのスキルは極めて高い。特に村山は昨年紅白選抜で思いもかけず選ばれてその手堅い人気を証明。多分出ていれば中位くらいに入る可能性は大きかった。
谷、濱松、福地・・・。すいません、まったく知らないので論評できません。


○SKE
二村・後藤理
二村春香・後藤理沙子 いずれもSKEの中堅で選挙圏内に入っても下位で登り目が無いのが理由か?

○NMB
山本彩・上枝・山尾・木下・村中・矢倉
山本彩は神セブン常連。柏木由紀と共にベテランで辞退して新聞種にもなる大物。いろいろ葛藤があったのだろうが、選挙に弱いNMBでもあり、NHK紅白選挙で1位になったのを土産にそろそろ卒業してソロ歌手活動というのが現実的。長い間、お疲れ様、という所。
木下百花。かつて高橋みなみ総監督の誘いも断った唯一の女?でその強烈なキャラクターからAKBグループの唯一無二の存在。反権力というわけではないが華やかな場所を遠慮し、選挙もここ数年は出ていないが昨年の紅白選抜でAKB村山と共に「意外にも選抜」されて一気に注目された。卒業を臭わせてもいない。まだ20歳だし、辞退メンバーの中でもし卒業宣言したら一番驚かれるだろう。
矢倉楓子。NMBの中では次世代のトップクラスにいるのは間違いないのに何が彼女の中に起こったのか?
上枝、山尾、村中・・・分かりません。

○HKT
井上由・岡本・兒玉・駒田・筒井
全辞退メンバーの中でもっとも衝撃なのは兒玉遥。同僚の宮脇咲良と共に何の地盤も無い博多から奇跡の快進撃を続け、昨年はとうとう選挙選抜の中でも一桁の9位。今年こそは神セブン入りして指原、宮脇と共に博多3人目の神セブンを構成しようと本人もヲタも盛り上がっていた。AKB柏木、NMB山本辞退で8位だった島崎遥香も卒業したので黙っていても神セブン、あわよくば念願の宮脇越えも夢ではなかった。今年初め、悲劇の体調不良によりあらゆる行事から姿を消し、「選挙で奇跡の復活」というあわい夢も消えたしまった。心配はこのまま「卒業」まで落ちてしまうのではないか、ということ。HKTどころかAKB本体も背負う存在だっただけにそうならないのを願う。
井上、岡本、駒田、筒井・・・いずれも80位圏内は狙えるけどひょっとしたら落ちるかも知れないレベル。本人の心は分からない。HKTも4期生が入り、競争は厳しい。ファンとしては覚悟が必要なメンバー。

ああ、ともかく兒玉遥。はるっぴ。彼女の笑顔が見たい。選挙が終わって一段落したら復活して欲しい。来年、また一からでもいいから始めて欲しい。
 

AKB総選挙有力者辞退

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 4月 1日(土)02時56分34秒
   AKB総選挙参加申し込みが締め切られ、総選挙上位常連のNMB山本彩とAKB柏木由紀がそれぞれ辞退した。昨年は、というか昨年もいずれも神セブン。指原莉乃、渡辺麻友、松井珠理奈、山本彩、柏木由紀、宮脇咲良の6人はそのまま今年もベスト6がほぼ確実視されていた実力者。指原も「今年が最後」と公言しており、来年、もしあっても参加する可能性があるのは第1回からずっと神セブンだった渡辺麻友一人になる。その渡辺も来年までは分からない。かなり疑問符。つまり、今年から本格的に「神セブン第二世代」の終焉と若手への入れ替わりになる。ただ、問題なのはその「若手」に旧世代ほどの力と知名度が無いこと。まずは松井珠理奈と宮脇咲良の現神セブンがいるが、その次の須田亜香里、兒玉遥、武藤十夢、向井地美音、岡田奈々、高橋朱里では余りにインパクトが弱すぎる。今更総監督の横山由依に総選挙を頑張ってもらうわけにもいかないだろう。

 ともあれ、これでいよいよ指原莉乃の三連覇が濃厚になり、アンチのしらけ選挙大宣伝、AKB滅亡説の乱舞が予想される。

 で、私はそんな事は別にともかく選挙曲が発売されたら一枚購入して二回目の総選挙の1票を悩み抜くのを楽しもう。なんだかんだ言っても音楽業界最大行事の一つなのは間違いないのだから。
 

放課後のクローゼット

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 3月29日(水)22時25分10秒
  放課後のクローゼット   宝島社  2017/03/29

AKB48 衣装図鑑
~あの頃彼女がいたら~

のサブタイトルが付く。つまり、AKBの衣装担当である茅野しのぶ(現総支配人)がそのほとんどを手がけた膨大な量の衣装を一覧したもの。正直、100年経って日本の文化に影響を与えた21世紀初頭の文化、というカテゴリで研究したらひょっとしたら「AKB48の音楽」よりも「AKB48の衣装」の方が上かも知れない。ともかくこれを見ると「茅野しのぶは総支配人としてはどうだか分からないが、衣装担当としては天才だ」と口汚いヲタが納得する素晴らしい1102着。今、この時点でAKB48が解散消滅してもこの衣装はずっと残る。

現時点での興味はAKBグループの若手にそれぞれの衣装を着せての撮影。これで運営の「押し」が判断できる。表紙と一番最初にHKT48の宮脇咲良。二番目にAKB48の向井地美音。とりあえずこの二人がグループのトップ。その後に続く3人とか5人とかの写真では「誰がセンターか」に目が行く。前田敦子の衣装を着ているのがだれ、大島優子の衣装を着ているのがだれ、と興味が尽きない。その衣装を最初に着たメンバーの名前はちゃんと書いてあるので現在の若手でも自然とテンションが上がるようだ。事実、「前田敦子さんの衣装を着られてとてもうれしい」というような発言を多くのメンバーがしている。

一曲の衣装でもメンバーによって微妙に違えているのだから本当に凄いと思う。また、秋元康の構想によってイメージが違ったので大慌てで作り直したとかエピソードも山盛り。

AKB48ファンだけでなくアイドル衣装のデザインに興味のある人に絶対オススメ!
 

欅坂46のビデオが桐生市で

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 3月29日(水)19時50分18秒
  AKB48のライバルチームとして誕生した「乃木坂46」の妹チームとして作られた「欅坂46」。昨年の紅白でも単独チームとして出場した、今イケイケのアイドルグループ。ま、全部一派一絡げの「秋元康プロデュースアイドル」なんだけどね。いわば秋元康の500人の娘たち(^_^;)。

そんな欅坂46の新曲「不協和音」のカップリング(昔で言うレコードB面)曲「W-KEYAKIZAKAの詩」のミュージックビデオが桐生市広沢町で撮影されました。AKBとは違う面で少女時代の初々しさを表現した欅坂らしい動画です。5分くらいですので気が向いたら見て下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=s8j9hva3luI


ちなみに、私はAKB及びHKTで手一杯なので乃木坂・欅坂(46グループ)には興味がありません(^_^;)
 

西野未姫卒業

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 3月27日(月)23時34分31秒
  AKB48の中でも特異なメンバーであった西野未姫が卒業した。別にこの後役者になるとか、歌手を目指すとか、学業を卒業するので一般人に戻るとかではない。18歳未満でありながら深夜のゲームセンターで男子と遊んだから、という理由で半分解雇。今どき、それくらいで・・・というのもあるが、数百人もの若い女の子を抱えて居る団体としてある程度のけじめは必要なのだろう。

西野はAKB414期生。小嶋真子、岡田奈々と共に「三銃士」と言われて早くから「将来のAKBを背負って立つ逸材」とされていた。三人とも充分それに見合う成長を遂げてきた。特に西野のガツガツした活動は目をひいて、ダンスの凄さは刮目するものだった。ダンスが綺麗、とか、上手い、とか、シャープとかでは無い。ともかく派手。人の何倍も大きく踊るから当然、他のメンバーと狂いが生じる。「ダンスの調和を乱す」という評価もあるが、それを覆す「どんな大きな会場の一番後からでも西野のダンスは分かる」というのは売り物になった。NHKEテレの「AKB48SHOW」では何とソロのコーナー「西野未姫の全力ダンス教室」を持っていて、先週も出ていた。この番組でソロのコーナーを持っているのは他では「高橋みなみ総監督の説教部屋」と「横山由依総監督のはんなり相談室」くらいではないか?純粋にソロコーナーは西野未姫だけだと思う。それだけグループ外でも評価が高かった。

卒業理由が同情すべきものであり、卒業発表以後も卒業公演まで全力で仕事をしていたその姿は多くの涙を誘っていた。最後の公演でデュエットした伊豆田莉奈に歌の最中に
「今までずっと怒ってる。めっちゃ怒ってる。なんでゲーセン行ったの?」
と言われたのに回答は無かったようだ。回答などなくても良い。伊豆田の愛情と西野の心。ここにもまたひとつの物語が作られる。

当然、芸能界を引退するわけではないので、もし、拾ってくれればどこかの事務所に所属して芸能活動を再開するだろう。ことによったら何らかの番組でAKBのメンバーと絡むこともあるし、「なぜ卒業したの?」と突っ込まれることもあろう。だが、彼女なら安心してAKBメンバーと絡むことも出来るし、自らを笑ってネタに出来る。ちょうど指原莉乃のように。だが、彼女の力量が果たしてグループを離れて一人で活動する様になっても生かされるのか?心配ではある。まだ17歳。
 

無修正:松村香織

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 3月23日(木)00時15分14秒
   SKE48松村香織の写真集。水着・セミヌード有り。表紙をめくってまず最初に強烈なインパクトが「うわー!膝が汚ぇ」ということ。タイトル通り無修正だということ。これはエログラビア写真集の危ないところを消さない、というのではない。アイドルの写真集だと危ないところは勿論、ニキビの跡、ちょっとした傷跡を消したり、場合によっては腰をくびれさせたり、おっぱいをちょっと盛ったりが当たり前の世の中、松村香織だけはそんな事をしないということ。だから、ボツボツがある足とか、肩の駐車の跡とか、ブラジャーを脱いだ時のブラジャーの跡とかもそのまま写しているというか、普通こんな時は前日から下着を着けないだろう・・・と突っ込みたくなる。中にはオイオイ、そこ、修整してるんじゃねか?そうで無かったら剃ってるか?(^_^;)とか。

 子供の頃からそこそこ可愛くてそこそこ頭が良くてとびきり明るくて活発で人気者だった松村香織が金を稼ぐために歌舞伎町でキャバクラ嬢をやり、秋葉原でメイド喫茶に務めてAKBに憧れ、オーディションに落ちること数回。それでもあきらめずにいたけど年齢制限に引っかかってそんな時、まだ年齢制限が緩かったSKEに合格。そして気がついた「自分は既にアイドル業界では年配でしかもブサイク」ということ。頑張っても頑張っても研究生から正式メンバーに昇格できない。年齢は積み重なっていく一方。自分の売りは何かを考えてたどり着いたのが動画のネット配信。毎日必ず気が乗らなくても動画配信を続け、やがて人気が出てくるも研究生のまま。しまいには秋元康から「終身名誉研究生」の称号を得て全グループの研究生を総まとめ(総監督?)するまでになる。そうすると自らプロデュースして「研究生公演」などを仕掛け、その活躍を認められて正規メンバーに昇格。踊れない、歌えないで「ダンスのSKE」には無用なのだが独特なキャラクターから誰もから愛され、ついには指原莉乃プロデュースでソロシングル「マツムラブ」をレコード店を通さずに発売、独自で手売りセールス。握手会、サイン会は当然のこと、中には「ケツバット会」などはファンがならんでお尻を付きだしているのを松村がプラスチックのバットで叩く、というもの。ソフトボール部出身の松村のスウィングを受けて悲鳴を上げて喜ぶファン、という阿鼻叫喚が繰り広げられた。
ネットは勿論、雑誌連載もこの写真集もマツムラブもAKB選抜総選挙選抜入りも岩手県山田町ふるさと大使(震災関連)も埼玉県和光市応援団長も、ともかく「ブスで貧乳で歌が下手で踊りが下手」というアイドルとしては最悪のアイドルが「AKB48王国」の中でひとつの地盤を築いて今に至る。

実は、この写真集は2015年発行で結構遅れて購入した。ネットニュースでこの「無修正」卒業イベントがあったからだ。白夜書房としてはこれ以上再版しない。2年掛けて16000冊発行のほとんどを売り切ったという。もっとも、私のように今からネット通販で買ったのだから、要するに「白夜書房から出尽くした」ということだろう。完売率は驚異的な数字だという。普通なら再版するが、あえてそれをせず「卒業式を開く」というイベントを立ち上げたというのが松村香織らしい。「無修正 卒業式」で検索するとその冗談企画がでてくる。

松村香織27歳。小嶋陽菜が卒業すると「AKBグループ全メンバーの中で最高齢」となる。彼女の卒業時期もそろそろだろう。それとも30過ぎまでしぶとく生きるか?松村香織なら許してもらえると思う。アンチの罵詈雑言などに負ける女では無い。
 

豊田喜一郎

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 3月20日(月)23時19分29秒
  夜10時半過ぎにテレビをつけたら佐藤浩市がなにやら真剣なドラマをやっていてすぐに「トヨタ自動車」創設者の豊田喜一郎だと分かった。ドラマの中の名前は違っているが、間違いない。豊田喜一郎のことは遙か45年くらい前、マンガ雑誌の「少年マガジン」に連載されていて私にはお馴染み。影丸穣也が作画していた。当時では「空手バカ一代」の二代目作画や「ワル」でお馴染みの劇画家。日本の産業をアメリカに追いつかせるために自動車制作を手がけた人。てっきりトヨタが大企業になるまで喜一郎は頑張ったのだと思ったら基礎を築いた段階で昭和27年に亡くなっていた。

戦後日本のあらゆるもの作りの基礎をこの人の中に見る。印象的なフレーズがある。

「父、豊田佐吉は大工の小せがれなのに日本で最初に自動織機を作って日本の繊維産業の礎を作った。何の教育も無い佐吉がどうして出来たのか?当時だって学問のある学者が沢山いただろうに・・・。佐吉が出来た、のでは無い。佐吉はやったのだ。」確かこんな感じかと思う。最初から不可能な事を不可能と思ってやらず、出来る事だけやるのではなく、できない事でもやった佐吉、そこに日本のもの作りがある。そう言えば、先日あったテレビにも外国で古いカーカセット装置を直す日本の職人がいた。元ソニーの社員。「部品が無ければ作れ」がモットーだった。

私もこれらの言葉に触発されて職人の道で過ごしてきたがすっかり堕落してしまった。彼らに申し訳ない。
 

今年もAKB総選挙あり

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 3月20日(月)14時38分28秒
  実施するかどうかが危ぶまれていた「AKB48選抜総選挙」が6月17日に行われる発表があった。実は、直前、AKB48の若手メンバーの1人から「今年は神戸で行われます」という裏情報が拡散していたのに実際は「沖縄」。大誤報である。先行して神戸のホテルを予約してしまったファンがいるかどうかは分からないが、沖縄だとかなりハードルは高くなってくる。新潟が歓迎されたのは「日帰りが出来る」ということ。出来れば東京で、という意見が多いのは実は各支店の一番のお客さんは首都圏であることなどがある。その意味で「東京から一番遠い」場所での開催。来年はジャカルタ?新潟や関東の野外グランドでの一番の心配は「雨と寒さ」だった。だから希望は東京ドーム。あるいは各地のドーム球場、屋内イベント場。今回、沖縄は海水浴場。梅雨は明けているようだが台風だったらどうする?まぁ、私は行かないので関係無いが。

あわせて「投票券付きCD」。今年は「願い事の持ち腐れ」。10月に開催される全国学校音楽コンクール「Nコン」の中学の部の課題曲でもある。相乗効果を狙っているのは間違いない。

歌唱メンバーは
 ▽AKB48 入山杏奈、大家志津香、岡田奈々、小栗有以、小田えりな、柏木由紀、加藤玲奈、川本紗矢、木崎ゆりあ、久保怜音、小嶋真子、込山榛香、高橋朱里、峯岸みなみ、向井地美音、武藤十夢、横山由依、渡辺麻友

 ▽SKE48 後藤楽々、須田亜香里、高柳明音、古畑奈和、松井珠理奈、

 ▽NMB48 市川美織、白間美瑠、山本彩加、山本彩、吉田朱里

 ▽HKT48 兒玉遥、指原莉乃、朝長美桜、松岡はな、宮脇咲良

 ▽NGT48 北原里英、中井りか

本店の主なメンバーと若手推され、および支店の主力メンバーと若手推され1人である。新加盟のSTU48は入っていないが、兼任メンバーの指原莉乃(HKT)、岡田奈々(AKB)は当然のように入っている。

注目はHKTの中で兒玉遥がいること。現在休養中。原因が不明なので何とも言えないが、それまで(レコーディング)に復活する予定。良かった。

私もこのCDは買って投票する。昨年はNGTの北原里英に入れて見事選抜に入れることに成功した。今年は誰に入れるか?悩ましい。10枚買える人は10人の名前を挙げられるが、私は1人だけである。
 

STU48メンバー最終審査

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 3月19日(日)23時51分18秒
  AKB48グループの新しい支店「STU(瀬戸内)48」のメンバー募集の最終審査が行われ、44人が合格したそうだ。これから面談などを行い、最終的な一期生が発表される。一期生にしては人数が多すぎる感がある。多分、瀬戸内7県から募集しているのでそれぞれの県に拠点を置き、普段のレッスンなどはそこで行い、船の上で行うという公演などもいくつかのグループ毎にわけるのだろう。中にはアイドル養成学校としては有名なアクターズスクール出身者も多く、各種オーディション経験者も多く、中には他のグループに有名な姉が存在するエリート候補生もいて都会にはない素材が期待されそう。各支店毎にレベルが高くなるのは良いが、その分、面白い素材も減っているような気もする。一番最初のAKB48一期生などは「いもばっかりゴロゴロしていた(高橋みなみ前総監督)。それが磨かれて垢抜けて言ったのが良かった」そうである。

STU48には劇場支配人としてHKT劇場支配人が兼任する。また、キャプテン(船長)には一時、固辞していたAKB48の岡田奈々が再度の要請に引き受けることを決断した。ともあれ、STUは誕生直後の総選挙で1位が確実、神セブンも有力な二人のメンバーを輩出することになった。これがどれだけの盛り上がりになるのか分からない。地元では誰も知らない、なんてこともありうるのだが、少なくとも二次審査の時には瀬戸内地方のいくつものローカル放送局がそのことをニュースにしていた。多分最終審査の結果もそして立ち上げの時もニュースでかなりのスペースを取って(地元の)メンバーの紹介をするだろう。必然的に総選挙も盛り上がるだろう。私の群馬県は東京放送圏内なのでローカルニュースも限られるし、地上波放送局そのものが東京キー局6局に群馬テレビまである。はっきり言って、日本中でこれは異常なことなのらしい。放送局がNHKと民放が2つとかの県が多いそうだ。だから、ローカルなところでニュースに流れる力は相当大きいのではないかと思う。

AKB48グループは東京から名古屋、大阪、福岡と広げてきた。本来ならその後「北海道」となるはずなのが新潟に来たのは48グループを下支えしてくれる地元の自治体や経済界のバックアップが可能であると判断されたから。当然、STU48も各地自体が行政組織でバックアップ公認。とすれば、地元の放送局も「自前でアイドル所有」とWin-Winの関係を築くだろう。今後の48グループの展開は当然新潟と瀬戸内のモデルケースにかかっている。成功すれば次は北海道札幌(SPR?)、東北(THK?)となって「日本制覇」するわけである。さらに海外展開として台北、マニラ、バンコク、そしてジャカルタが完成すれば「東南アジア制覇」である。

日本のアイドル文化はそこまで行くのか?
 

今日は働いた

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 3月18日(土)01時00分9秒
編集済
  一時間を争う仕事のため、今朝4時まで働いた。
でもって、機械の調子がおかしいというので8時半に起こされた。
その後検査、出荷。一息吐いたところで別な機械のプログラム変更のセッティングがあるけど急ぎでないし、体力温存のためやらずにクンシランの移動、ビオラ挿し芽の植え替え、冬ごししたペチュニアとキンギョソウの剪定。庭の掃除。
昼食後電話契約の不満をNTTにぶつけてNTT関連会社との契約を破棄。
その後いよいよセッティング。これが今の時間午前1時まで。
これが終わったら明日出荷のものができあがるまであと3時間半なので
それが終わったらプログラム変更して家族に後を託すわけだけど
要するに今日も4時以前には眠れそうもないし、下手すれば6時。
でもって9時には起きて検査して10時出荷で万々歳。

こんなに働いたの何年ぶりだろう?


あ、あと玄関の戸を直しました
引き戸が外れなくて角材にジャッキをかまして上下に広げて外しました。
滑車の具合が悪いので使っていない戸のを付け替えました。
今まで開けるのにテクニックが必要で、よその人は鍵がかかっていると思い込んだようです。
 

かけ算が出来ない

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 3月13日(月)22時10分37秒
  我ながら驚いた。3桁のかけ算をやる機会があって、電卓を探しても見つからないのでそれくらいは手でやった方が早い、とやってみたらどうもおかしい。あり得ない回答が出て来たので何度やっても同じ答えが出てくる。試しに上下を入れ替えてやってみたら正解らしい答えが出て、じゃ、最初の計算は何だったんだ?と真剣に悩んでしまった。どうやら0が入る三桁の計算で桁の並べ方を間違ったらしい。
  350
 ×608
というようなものが出来なかったのは情けない。これでも小学校時代くらいまでは算数のテストはほとんど95点だった。そう言えばマイナスの5点は単純計算問題だった。どうでも良い場所で必ず1カ所か2カ所間違える。その時、その弱点をちゃんと克服していたらその後の人生、変わったかも知れない。現在の私は三桁のかけ算が出来ない人間である。
 

兒玉遥、再起動

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 3月12日(日)01時08分11秒
  消息不明の観測がでてから様々な憶測が流れた
大晦日紅白選抜に於ける醜態と落胆およびそれを悪意のあるヲタから揶揄・説教されたための病み
「豆腐プロレス」によって重度の障害
再起不能説から卒業説まで諸説流れた
テレビをはじめとするあらゆる媒体から姿を消した。

そしてようやく兒玉遥本人の手記がネットに流れた

***************************

今日は、3月11日。

東日本大震災が起こったあの日から6年が経ちました。

私はそのとき、福岡の中学生。
中2の14歳でした。
いつものように学校へ行き終業式を終え、
バスケ部、体育館でみんなと走り込みをして帰宅、、、

いつも通りにテレビをつけた瞬間、、、

消えることのない記憶。
忘れられない思い出。

今日は、ステージに立てず
なんともぶつけることのできない気持ちが
心渦巻いています。

今日更新していいのか、迷いました。

でも、今、ここで
あなたに想いを伝えることができている。

これは、しあわせなことです。
そして、いつの日かの写真を添えて、、、

行動しなきゃ伝わらないし
願うだけじゃ、変わっていかない。

誰かのために。
一人一人みんなが誰かのために。

私は心に決めている人がいます。
だから、がんばります!
もう少しだけ待っていてください。

1日でも早い復興を祈りまして、、、


おやすみなさい、、、

*******************

いろいろと思わせぶりな台詞があるのでネット上では様々な「意訳」が飛び交っているが
ともあれ兒玉遥は現存しており、そして近いうちに復活を望んでいる

今回のことが兒玉遥のアイドル人生にどう出るか分からない
いや、どうでるかは兒玉自身が決めることだろう
そしてそれはスキャンダルを逆手にとって大飛躍した師匠である指原莉乃の
姿を見れば分かることだ
 

川内中の歴史の一人、亡くなる

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 3月11日(土)22時58分38秒
  今泉サトさん  92歳

川中出身者ならおそらく1人残らずお世話になった方

ほとんど川中の敷地内にある「今泉商店」のオバサン
体育館からそのまま買い物に行くこと数知れず
何十年ぶりかで私が訪ねても何の隔てもなく世間話をしたし
母が裁縫道具を買いに寄ったときも
「Tくんのお婆さんかい?そっくりだから分かるよ」って、
いったい何人の顔がこの人の頭に残っているのだろう?

謹んでご冥福をお祈りいたします
 

ペヤング激辛カレー味焼きそば

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 3月 9日(木)22時17分1秒
  ちまたに売っている「激辛食品」の特に安いのは見かけ倒しなのが多い。
高いのは買わないので分からないが。
だが、「ペヤング激辛カレー味焼きそば」の辛さは半端でない。
どのくらいかというと、激辛カレー「Lee」の30倍カレーよりも辛いと思う。
汗がドカッとでた。
完食したけど。
 

欅坂46

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 3月 8日(水)22時35分40秒
編集済
   ついでなので欅坂46の動画を見てみた。代表作と言われる「サイレントマジョリティ」と「二人セゾン」。私はHKT48ヲタである。だから、実力以上に人気沸騰している欅坂46に対して嫉妬している面もあるのでこれまで意識して触れてこなかったがいざ真剣にこの二曲の動画を見た結果、やっぱり私はHKT48の方が好きだと思った。欅坂のダンスは良い、と聞くのだが、そんなに難易度の高いダンスとは思えない。多分、HKTの方が難易度は高いし、見ていて面白い。勿論、個人的感想。歌詞もメッセージ性が高いとかで48グループと差別化を図っているのかも知れないが、歌っている本人がうまく消化しているように思えない。私からすれば欅坂46の人気は48グループや乃木坂の下地の上で作り上げられた新人がヒットした1年目、という感じ。これが3年持つか、というと疑問符が付く。HKTは5年持っている。もっとも半分以上は指原の力だが・・・。欅坂もカリスマのオーラを帯びているという平手友梨奈が15歳、彼女の成長次第だろう。

 というわけで私はHKT48から欅坂46に推し変しません(^_^;)



あ~~~~~~~仕事しなくちゃぁ


「二人セゾン」の平手がやるソロダンスをHKTの宮脇が完コピしてニュースになっていたが、おそらくSKEの松井珠理奈やNMBの山本彩たちなら難なくこなすだろう
 

在宅ヲタの喜び

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 3月 8日(水)21時52分35秒
編集済
   アイドルファンでコンサートや握手会に行かず、自宅で応援しているのを「在宅ヲタ」と呼ぶ。私もその一人。情報はインターネットが9割。だから事の真偽は分からずに迷走することになる。だが、今回のイベントはどうやら形が分かったようだ。

 両国国技館で行われていたロッテガムロックフェスティバル「HKT48VS欅坂46」。九州博多に拠点を置き、指原莉乃率いるHKT48と今や日の出の勢いでヒットを連発、紅白にもでた欅坂46の対決というか、お遊び兼ライブコンサート。ヲタの間には対決色が強いが、実際問題、東京の両国国技館で行われているので観客の7割とか9割とか言われる人数が欅坂46のファン。私が推すHKT48にとっては完全アウェイ。普通、こんな時は欅坂のライブとの時は大盛り上がりでHKTになると静まりかえって中には帰り出す人も出てアイドルの中には泣き出す子もでるとかいう話。

 だが、ネット情報によると前半のゲーム対決の時、MC(女性フリーアナウンサー?とそこそこ有名漫才コンビ)や進行係がぐだぐだで時間が押しまくってこのままでは終了が9時になってしまう、というときに出演者として遠慮していた指原が突如前に出て来たそうだ。多分、どこからか指令が出たのだろう。9時になったら中学生メンバーはでられない。HKTのメンバーである矢吹奈子、田中美久、今村麻莉愛、そして欅の絶対エース平手友梨奈は中学生である。彼女らが抜けたら成り立たない。

 指原はさっさとゲーム合戦を終了させてライブの力尽くで持っていき、ライブでも縦横無尽に働いて一人だけ別次元の存在を見せつけ、欅ファンまでも感心させたようだ。如何に現在の人気があっても初戦はデビュー1年の欅坂と5年のHKTのキャリアの違い、そして指原という絶対神の存在が明らかになったようだ。終了時間は8時58分。まさに神業。

 指原はもうあと何年もいない。HKTはせめてコンサートの煽りだけでも指原抜きで出来るようにならなければ存在を失うだろう。
 

Maxとき315号

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 3月 6日(月)23時09分30秒
  いいかげん煮詰まってイライラしながら仕事しているのであきらめていつものように機械を止めてYouTubeでAKBを流しながら一番忙しい者だけやっているが、たまたまNGT48の「Maxとき315号」のフルバージョンがかかっていた。いまだにデビューシングルがでない新潟のチームのAKB曲にカップリングさせて出した実質的デビュー曲。最近の秋元康の曲は「シングル表題曲よりカップリングに名曲有り」というのは定番の所。「365日の紙飛行機」もカップリング曲。それ故、昨年のレコード大賞を取れなかった、という人もいる。

このMaxとき315号は上越新幹線の名前。「あずさ2号」と似たようなもの、と揶揄されたが、どうしてどうして名曲となった。センターはそれまで名前も挙がっていなかった「おかっぱ」こと高倉萌香。不思議ちゃんの雰囲気から「前田敦子の再来」と言う人もいる。今年のAKBリクエストアワーで1000曲近くなる対象曲から見事1位に選ばれてNGTのメンバーに号泣の嵐をもたらした。

で、何が言いたいかというと、初めてフルバージョンを聞いて感動した。まだデビューしていない若々しい芽吹きと未来の希望を感じさせる名曲。今年の観音様のカラオケ、これにしようか?

https://www.youtube.com/watch?v=_9X_yWBgUMk
 

春はイチゴ

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 3月 5日(日)11時54分20秒
  春はイチゴなんだけどさぁ
いちご大福も最初は邪道だと思っていたんだけど
結局慣れちゃったんだけどさぁ

チーズかまぼこイチゴ味

ちょっと慣れる気がしない
 

指原莉乃、後輩にハッパ掛ける

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 3月 4日(土)01時48分34秒
  HKT48の指原莉乃が後輩の田島芽瑠のことを公に「ダンスをもっと頑張らないと駄目だ」と表した。田島芽瑠といえばHKT48の二期生でまだ研究生の段階でHKTのデビューシングルのセンターを務め、秋元康総合プロデューサーをして「SKEの松井珠理奈以来の逸材」と表されたエリート。その時、まだ中学生。松井珠理奈が順調に成長して今やSKEを引っ張る存在として君臨するに対し、田島芽瑠は5枚目のシングルCD以後、センターに立てず、徐々にその序列を下げている。もっとも、珠理奈がやっと20歳というより、田島はようやく16歳。比較にはならない。だが、珠理奈は小学生の時からずっとSKEを引っ張っていたにもかかわらず、田島の停滞は残念。年齢的な面もあろう。やっと高校生。いろいろとふらつく時期である。一度もふらつかなかった珠理奈が特殊。だが、直接の先輩である指原には歯がゆかったのだろう。おそらく、公に田島をさらし者にしたからにはちゃんとフォローするだろう、というのはHKTファンなら誰でも分かること。これが田島の数年後の糧となって欲しい。田島は一時期、太ってヲタからバッシングを受けた。それが見違えるように痩せて可愛くなった。元々プロ意識が高いと評されている田島、身体能力もコミュニケーション能力も高い。これから20歳までどれだけ成長できるかを期待したい。

田島芽瑠の場合は同じHKTの直接の後輩だからまだ分かる。しかし、先日のコンサートの時、今ひとつ盛り上がっていないNGT48の中井りかに「いつも眠そうだね」と言ったのは指原の真骨頂だろう。実際の話、NGTでは中井は1期、一番の先輩。中井の上にいるとすればキャプテンの北原里英しかいない。柏木由紀は兼任だし、そもそもそういう注意を公にするタイプではない。「昔は・・・」というと際限のない話だが、初期のAKB48には「怖い先輩」も結構居たようだ。篠田麻理子みたいにそこに立っているだけで威圧感があるのもいるし、高橋みなみの体育会系煽りは誰も逆らえない。だが、今はなかなかいない。いるかも知れないが思い浮かばない。そこで現れるのが各グループ(HKTだけでなく)のメンバーが卒業するときに「指原さんに助けられた」という発言をするメンバーが多いこと。指原が実際にどのように苦境に陥っていた各グループのメンバーを救ったかは分からない。だが、思わぬ所から「指原さんに・・・」という発言がでると指ヲタとしてはちょっと嬉しい。

本来ならそういうのは総監督の横山由依、あるいはAKB本店エースの渡辺麻友、柏木由紀がやるのが本筋だと思う。だが、渡辺、柏木はそういうタイプではなく、横山は表だった行動を控えて陰でやっていると思われる。必然、目立つのは指原1人。次世代は、というと本店では思い浮かばない。小嶋真子、岡田奈々もしゃしゃり出る感じがしない。HKTの宮脇も同じ。もっとグイグイいく有望株が欲しい。唯一可能性が感じられるのはSKEの松井珠理奈くらい。ただ、珠理奈は「強すぎる」感じがある。アイドルにとって弱点。ただ、昨年の総選挙、珠理奈はとうとう3位まできた。2位は渡辺麻友。1位は指原莉乃。昨年後半から麻友の勢いがないから、今年の総選挙があるとすれば指原を抜くのは困難でも充分2位を射程距離に置いていると思う。そうしたら珠理奈はAKBに移籍するべきだと思う。本店を支える力があるのは珠理奈しかいない。ただ、そうしたらSKEは潰れるかも知れない。
 

叶わぬ夢

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 2月26日(日)15時19分29秒
   HKT48関東ツアー初日群馬公演が行われた。私は当然、行けない。ネット上の評判が凄い。キーワードは「楽しい」「死んだ」「SSAが楽しみ」だ。

 HKT48が他のグループのライブより際だった特徴、それは「楽しい」ということ。「感動した」とか「凄かった」とか「感心した」とか「上手かった」とかではない。踊りが特別揃っているわけではない。歌が格別上手いわけではない。粒ぞろいのメンバーばかりでない、というかかなりバラバラ。田中菜津美みたいに175cmくらいあるのがいたら今村麻莉愛は135cmもないとされている。その差40cmが同じ舞台で踊る、というのもアレだが、それがHKT48なのだ。楽しさの原点は(現場に行ったことの無い私がいうのもなんだが)その際だったセットリスト。構成は指原莉乃。ここにメンバーでありながら劇場支配人を兼ねている指原の真骨頂が現れる。25歳でありながらベテランプロデューサーの貫禄を見せつける。元々HKTは最初の頃、持ち歌が少なかったため、当然のことのように他グループ、つまりAKB本店やSKE、NMBなどの曲を借りなければコンサートは開けなかった。指原はさらにそれを破ってやももいろクローバーZやモーニング娘。をはじめとするハロープロジェクトの曲まで取り入れて「何でもあり」にしてしまった。これは、HKT移籍直前に自らプロデュースしたアイドルを集合させたコンサート、伝説の「ゆび祭り」で培った人脈を縦横に駆使したものである。当時19歳の小娘のやる技ではない、としか思えない。その指原がこれまでの経験を元に作ったセットリストのテーマが「本気のアイドルを見せてやる」。ともかくバラードとかカッコイイ曲はやらない。最初から最後まで盛り上がる曲という構成。失敗すれば目も当てられない評価が下されるリスクを指原は見事克服したらしい。

 その結果がファンが終わった後ツイッターなどでつぶやいた「死んだ」「死にそう」「1日2回公演に行ったら確実に死ぬ」「喉は死んでいる」という評価。スタートは唯一の群馬出身今村麻莉愛が凱旋公演として陰アナ(皆さん、本日はありがとうございます。・・・などご注意ください、というアナウンス)をやり、最初からHKTの盛り上がりソング、ヲタが暴れ回る「最高かよ」でスターとしてずっと絶叫が途切れない。それだけではない。「何でもありのHKT」は中盤の中だるみしそうなときにAKB、SKE、NMB、NGTのそれぞれの曲ばかりか乃木坂、欅坂、モモクロ、モー娘。、さらには小泉今日子まで10曲ノンストップでファンに鞭を入れ、締めにHKTの王道アイドル曲をたたみ込んでとどめを刺してしまったらしい。息の根を止めたのは最初にやった「最高かよ」をフルコーラスで決めた。会場に駆けつけた2000人は「死んだ」のだ。どうやらメンバーも死んだらしいが(^_^;)。

 その上で第一回目でこの盛り上がりなのだ。おそらく指原は今回の成功点だけでなく失敗点、修正点を冷静に見いだし、修整を加えていくだろう。そして行き着く先は4月のSSA(さいたまスーパーアリーナ)の千秋楽、これまで指原と共に苦楽を共にしてきた多田愛佳の卒業コンサート。そこで完成品を見せるはず。当然、死屍累々の中、号泣の嵐が吹き荒れるのが予想される。SSAが待ち遠しい。
 あー!SSA行きてぇ!多田愛佳卒業公演の最前列で見ることができたら寿命の10年くらい差し出してもいいと思う。本気で。何十年もの間、絶えて久しい「今、この瞬間、死んでもいい」という感覚を味わいたい。

 勿論、私はSSAにも行けない。多分チケットを入手するのは不可能。ただ、コンサートの様子はDVDでの発売が予想される。今から買いたいと思っている。

 蛇足ながら、コンサート会場で展示されたメンバーの写真。これまでは適当なのが使われたらしいが、今回は指原が企画してオリジナルなものが作られた。「昭和のアイドルポスター」がテーマ。なかなかいいもんだ。

http://hakata48matome.blog.jp/archives/18510612.html
 

兒玉遥消息不明

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 2月24日(金)21時20分54秒
編集済
   今日のミュージックステーション、HKT48として参加。今回は特に最年少の今村麻莉愛(13)がフューチャーされていた。特別ちっちゃい麻莉愛、新しいファンを獲得できただろうか?

 きょうはそれどころではない。HKTではセンターの代表であり、序列ナンバー3,AKBの今年の成人式メンバー序列2位、20歳以下AKBグループ序列3位、総選挙9位という押しも押されぬ幹部メンバーである兒玉遥がこのところ消息不明である。すべての行事から名前が消え、当然、今日のミュージックステーションにも出ていなかった。
 ヲタの間では諸説が入り乱れている。一つが現在放映中のドラマ「豆腐プロレス」で大けがを負ったのではないか、ということ。元々本当のプロレス技が入り交じる豆腐プロレス、格闘技の経験どころか運動神経さえ疑問なメンバーに半年も行わせるのは危険ではないか、とささやかれていた。現に、兒玉は島田のジャイアントスウィングを練習も含めてまともに受けている。「弾み」で骨折や脱臼がある危険性は否定できない。
 もう一つは去年の紅白選抜発表で起こったトラブル。それをネタにネットなどであくどいほど揶揄されている。ネットは見なければ良い。だが、握手会は逃げようのない1対1になる場面。ここで罵倒され、揶揄され、相当の心的ダメージを被ったとの話も聞く。握手会は時として残酷な行事になってしまうのだ。今年に入って兒玉には不審な行動が結構あったとも聞く。
 当然のことのようにどこからも誰からも噂の欠片さえ出てこない。昨年の岡田奈々の長期休養を思わせる。岡田奈々も機能性低血糖症だったのを発表したのは総選挙で選抜入り(14位)した場面だった。簡単に言えばストレスによる摂食障害である。過食・嘔吐・絶食をくり返す心の病気。それを考えれば兒玉遥もそれに近い状態であるのを予想するのは容易い。単なる他の病気や怪我なら報道もあるだろう。ただし、プロレスで大けがならば番組上、発表はできないだろうが・・・。それでも、プロレスも「白金プロレスチームナンバー2」であることから長期欠場は出来ない。ストーリーそのものも根本から変わってしまう。
 ともかく早く元気な姿を見せて欲しい。復活した岡田奈々のように復活して欲しい。そうしたら、私は一応「指原押し」だが今年の総選挙、兒玉に入れるだろう。
 

山から異様な鳴き声が

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 2月23日(木)22時32分53秒
   昼頃、外出から帰って車から降りたら山から異様な獣(?)の鳴き声が聞こえる。ギャーとでもギュウ-でもない無数の鳴き声が響いている。最初、猿かと思った。猿が30匹ばかりいて、人を見て威嚇しているのかと思った。しかし、明らかに猿とは違う。次に鳥かと思った。鳴き声的には鳥が一番近い。何の鳥かは別としてハトとかそのくらいの鳥の大群がそこいらの木に群れているのではないか、と思った。だが、それなら何羽か空を飛んでいるだろう。石を投げても大声を出しても相手の鳴き声はびくともしない。少しその音の中に入ってみようか、とも思ったが、ヒッチホックの「鳥」の画面が頭をよぎる。ちょっと怖い。仕事もあることなのでそのまま家に入って誰にも言わないでいた。

 4時過ぎ、家に来た職人の人が仕事をしながら「何か、変な鳥がいっぱい鳴いてるね」という。あれから何時間も経っているのにまだあの鳴き声が聞こえるのだ。再度外に出てみる。確かに鳴いている。しかも、さっきより近く大きい。いや、さっきは山の上の方だったのが今では体中がその鳴き声に包まれるくらいになっている。依然としてなにも見えない。石を投げても叫んでもびくともしないのも同じ。地面からさえ聞こえてくる。本当にひるんでしまった。

 その時、目の前の池をちょっと見たらそこには無数のヒキガエルが・・・。この時期、ヒキガエルの産卵で山から水のあるわが家の池にやってくるのだ。不思議なことに同じ日に何十匹と一斉にやってきて抱きしめ合い、産卵する。

 ちょっとホッとした。今年は昨年の豪雨で沢が氾濫し、池に水を引く水路が潰れてしまってもはや池の形態をなしていない。先日の雨がたまっているだけである。だから、ここに産卵してもおそらく駄目だろう。申し訳ない。出来れば全部つかまえてどこかの池に放してやりたいのだが、そうもいかない。
 

STU48進行中

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 2月23日(木)02時01分9秒
編集済
  昨日、AKB48のオリメン(一期生)であり、初代神セブンメンバーでもある小嶋陽菜の卒業コンサートが大々的に開催され、どうやら新宿あたりは大騒ぎだったそうだ。こちらはネット情報で知るだけだが、その話をしようと思ったら今の時間になってとんでもないニュースが飛び込んできた。

現在進行中のラジオオールナイトニッポンで次々と新しく出来るグループSTU48(瀬戸内)の骨組みが発表されているらしい。

衝撃的なのは現在AKBグループどころか日本中のアイドルの中でもナンバーワンであるHKT48劇場支配人である指原莉乃がSTU48兼任でしかも劇場支配人も兼務するらしい。続いて現在の本店、AKB48若手ナンバーワンの岡田奈々もSTU48兼任でしかもキャプテンに就任。これはAKBグループとして大々的にSTUを売り出そうという力の入れようだ。ただでさえいくつものテレビレギュラーを抱え、準レギュラーも抱え、HKT48の劇場支配人としてコンサートのセットリストを作成し、数々のマスメディアを一手に引き受けている指原莉乃がこれ以上仕事を増やして大丈夫なのか不安になる。ひょっとしたらこのところ巡行運転を続けてマンネリ気味で卒業を意識し出すのを嫌った運営が新しい刺激を与える手段ではないかとも思える。

しかし、私はもう一歩先を思う。AKB48の若手ナンバーワンの岡田奈々と日本アイドルナンバーワンの指原のドッキング。これが一番大きな目的ではないか?。AKBでは次の世代を担う若手がなかなか育たない。次のリーダーとして岡田奈々を育てる為に指原を当てたのではないだろうか?真面目で努力家で可愛く、すべての要素でレベルの高い、まさに渡辺麻友の跡継ぎと期待される岡田奈々を覚醒させ、より大きな存在にするためにSTUを使うのではないか?

指原も岡田も壊れないことを願う。この人事は数年後のAKBグループの命運を握ると思う。
 

あいがとごわす

 投稿者:aged ruggerman  投稿日:2017年 2月21日(火)21時09分41秒
  誠っちゃん、あいがとごわす。しかし60分35秒かかって走り終わったらもうヘロヘロでした。
 夜は自分へのご褒美ということで、愚妻と外に食事に出かけました。そこで6歳上の知り合いの方と行き会ったのですが、その方は58分でゴール。もっと驚くべきことは、その妹さん!話してるうちに私と同い年ということが判明。その女性、堀マラ前日に吾妻山に登り、忘れ物をしたといって52分で堀マラゴール後また吾妻山に行ってきたとのこと。将にスーパーレディ!
 昭和中出身の諸兄、H方J子さんでっせ。みならって来年はみんなで本町通りを走りましょう。
 

堀マラソン結果見た

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 2月21日(火)17時14分36秒
  うちの息子は成年男子10kmで出ていた

ラガーマンが出ていると思い、一生懸命探したが見つからない
50歳以上5kmで探していたのだ
そこで50歳以上10kmを探したらすぐ見つかった
凄いぞ、ラガーマンの名に恥じぬことだ
尊敬するぞ
 

クロッカス

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 2月19日(日)01時30分36秒
  クロッカスに虫が飛んできました
まだ寒い日があるけど確実に春はやってきます
 

クリスマスローズ二番花

 投稿者:A組誠メール  投稿日:2017年 2月17日(金)22時53分40秒
編集済
  先日のクリスマスローズは地植えで真下を向いていたので木の枝で無理矢理持ち上げての写真でした。
いわば、スカートめくり。
今日のは鉢植えだったので何の手も加えずに下からパチリ。
いわばスカート覗き。
かれんな花だけど見ようと思うとどうしても卑猥な雰囲気を醸しだしてしまう。
 

/73