みみずく会 「談 話 室」

【みみずく会ホームページ】←click!!



3762件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[6412] アベリアとナミアゲハ

投稿者: datsun 投稿日:2017年 7月20日(木)09時24分41秒   通報   返信・引用

近所の垣根アベリアの密に誘われて
ナミアゲハが飛び回っていました



[6411] Re: しゃも会第151回報告

投稿者: datsun 投稿日:2017年 7月15日(土)11時49分1秒   通報   返信・引用 > No.6408[元記事へ]

上園 千代喜さんへの返信です

> 先月、「終戦秘話」の小冊子が、投稿者の皆様へ、配布されました。その後の動き等について申し述べます。

> 3.「終戦秘話」について〔その2〕
>  上記以外について、意見交換(雑談ですね)がありました。
> (1) インターネットで公開されていますが、売ればよいのではないか。買いたい人もいるかもね。例えば、2,000円とか。

仰るとおり「終戦秘話」の小冊子がほしいです。
勿論有料で結構です

また「終戦秘話」自体を知らない人も沢山おられるでしょう
みみずくの会合等で紹介すればまとまった数も
期待できるのではないでしょうか



[6410] 鶴丸一点差に泣く

投稿者: 仙田 博 投稿日:2017年 7月14日(金)10時01分34秒   通報   返信・引用   編集済

夏の甲子園鹿児島大会4回戦を観戦してきました。

写真のスコアボードでは、良く見えないかもしれませんが、
結果は、6対7という接戦で負けました。

応援団も、スクールカラーのTシャツを着た、父母が沢山応援にきておられ、
猛暑にもかかわらず、元気に声援されていました。

以下、南日本新聞より

鶴丸は9安打と打線がつながったが、あと一歩およばなかった。



[6409] 「終戦秘話」特集号の件。

投稿者: 本田 哲郎  投稿日:2017年 7月13日(木)19時26分13秒   通報   返信・引用   編集済

「しゃも会」報告文の中で、上園君が、終戦秘話特集号についての仙田・上園君への謝礼について述べられましたので、当事者として、その経緯ついて申し述べます。

 去る6月に、寄稿者として待ちに待った「終戦秘話」特集号が立派な書籍として仙田君からお送りいただきました。
当初は「電子書籍」と理解していたのですが、届いた特集号はその装丁と言い、製本と言い、スゴク立派な「書籍」となっていることにびっくりしました。
平山会長に「みみずく会」としてはどのようになさるつもりか伺いましたが、仙田君からは印刷代などの明示すらなかったとのことでありました。

 そこで、一部の寄稿者の方々にこちらから相談を持ち掛けました。 その結果、お二人の編集に携わる時間的にも金銭的にも彼らに全部を負担して甘えているわけにはゆかないとの結論に達しました。せめて、寄稿者としてお二人に感謝の気持ちを伝えようではないかということになりました。
小生をはじめとする原稿寄稿者の有志の方々を発起人として、最初からこの特集号についてご苦労をされた仙田君、上園君のご尽力に対して何らかの「謝意」を評すべきとのことで、原稿寄稿者のみですが、彼らに心ばかりの謝礼を差し上げるべく趣意書をつくり、皆様にお願いしました。
 その結果、寄稿者のほとんどの方々から、絶賛の言葉と共に、貴重な浄財が寄せられました。
このように立派な冊子に製本されたことは大変なご努力と共に、上園君は横浜から何度もこの編集のために帰省されたこともあり、皆さんから、何とかお二人に素直な気持ちで受け取ってほしいという声が横溢していました。  なかにはお二人を囲む会もやるべきであると言ってこられた方も現れるほどでありました。
期限を切って、浄財の受付も終わり、その結果について、浄財をお送りいただいた方々へは既にその会計報告をさせていただきました。

 そこで、謝礼のお渡し方法について、仙田君とも相談していましたが、ちょうど上園君が私用で7月に帰省されると聞きまして、その際上園君の帰省に合わせて、鹿児島在住の寄稿者で当日都合が良い方々で集まって、昼食を摂りながら、仙田君、上園君のご両人に、皆さんからの謝礼をお渡しすることにしています。
そして、両君から編集上の苦労話も聞きたいものです。 両君、ほんとにありがとう!!

 以上が、今回の「終戦秘話」に対する寄稿者の一人として、今回自分勝手に動いた結果であります。
ほんとに、両君がご精進いただき、このような立派な書籍が出来たこと、嬉しく思っています。
子や孫のみならず、広く世の中に残したい、あの惨い戦争を実際に体験した最後の世代であり、証言者たり得る「書籍」であると思います。



[6408] しゃも会第151回報告

投稿者: 上園 千代喜  投稿日:2017年 7月13日(木)16時13分6秒   通報   返信・引用

「しゃも会」第151回報告(平成29年7月12日開催)
暑中お見舞い申し上げます。
 先日、皆様、御存じのように、鹿児島においては、震度5強の地震がありました。鹿児島地方の皆様には、被害はありませんでしたか。お見舞い申し上げます。
 さて、本日の我が「しゃも会」は、参加者10名という大勢の会員が集まり、その議論百出は、いつもの静かな会合と異なり、「ドスン」とした鹿児島地震にも匹敵するものでした。あちらこちらより、本日の外気温35℃よりホットな議論が噴出し、さながら、噴煙たなびく桜島も「びっくり」の状態です。会員の年齢が、77歳、78歳とは思えない迫力で、二度「びっくり」です。
 さて、どのような議論が行われたかは、個人情報保護法の関係もあり、その詳細は、オフレコとなりますことを、御了解の程お願い申し上げます。従って、その全貌を伝えることは難しい。しかし、まあ、それなりに「勝手なる報道記者」による勝手な情報があるかもしれませんことを、御承知おきの程お願い申し上げます。
草々
本日の出席者は、以下の通りです。
7月度の出席者(10名)
31R;木之下さん、上園
32R;尾上さん、松永さん、秋山さん、
33R;新條さん、早崎さん、前田さん、
35R;藤井(悦)さん、
36R;藤井(公)さん、

1. お土産
早崎さんより、自作の「きゅうり」、「トマト」、「枝豆」を、新條さんより「きびなご」を、藤井〔公〕さんより「みそ」を、それぞれ頂きました。いずれも、新鮮で、美味しい食材でした。早崎さん、新條さん、藤井(公)さん、有難う!有難う!有難う!
2. みみずく春秋「終戦秘話」について
先月、「終戦秘話」の小冊子が、投稿者の皆様へ、配布されました。その後の動き等について申し述べます。
(1) 素晴らしい出来との評価には、編集にかかわった一人として嬉しく思います。これも、投稿者の皆様のおかげと思い、感謝申し上げます。有難うございました。
(2) さて、その評価に対し、本田君より、投稿者の皆様へ「ご芳志」のお話がありました。編集者側といたしましては、あくまでも皆様へ「謹呈」の方針には変わりありません。従って、皆様へ「お断りの申し入れ」もいたしました。
(3) そして、本田君の申し出は、「予期せぬ出来事」でありましたが、「皆様の感謝の気持ち」でもあり、「皆様の御芳志」を「素直に受け取れ」とのご意見もありました。
(4) 結果として、編集者側としましては、本田君のご厚意による皆様から「御芳志」を、「素直に受け取り」たいと思います。
(5) 尚、「御芳志」の処理については、製本代の実費充当、その他を考えていきたいと思います〔これは私論です〕。
(6) 投稿者の皆様には、本田君のご提案に対し賛同された方々、我々の気持ちを受け入れて下さった方々といらっしゃいます。いずれの方々に対しましても、編集者側としましては、感謝の気持ちには変わりありませんことを追加報告致します。投稿者の皆様、「終戦秘話」にご協力を賜り、有難うございました。
(7) 本田君、「御芳志」については、ご苦労様でした。御苦労に感謝申し上げます。
(8) では、本田君、次の機会〔7月下旬〕にお会い致しましょう。

3.「終戦秘話」について〔その2〕
 上記以外について、意見交換(雑談ですね)がありました。
(1) インターネットで公開されていますが、売ればよいのではないか。買いたい人もいるかもね。例えば、2,000円とか。
(2) 「御芳志」の処理は、どうするのかな。
(3) 次の発行は、{「孫」、「子」に残す言葉}〔遺言だな〕は、どうかな。

4. 東京みみずく会について
次回についての雑談(あくまでも雑談です)として、
(1) 女子会で、開催しては,どうかな。・・・女子も、やってよい、との意見もあり。
(2) 食事会+二次会〔居酒屋さつま〕で良い。
(3) 鹿児島は、どうなっているのかな。
5. その他
(1)以上、オフレコの部分を書いたり〔これでは、オフレコになりませんが・・・〕、書きすぎの部分もあり、皆様にご迷惑をお掛けしたのではないかと思います。宜しくご容赦のほどをお願い申し上げます。
(2)その他、オフレコのこともあり、詳細は不明???
(3)10名の参加者を得て、ちょっとホットな気持ちになり、書きすぎたかな?


 以上、簡単な報告でした。
―――To be continued?―――
平成29年7月13日記載
文責;31R;上園 千代喜(カミゾノ チヨキ)



[6407] 胡蝶の夢

投稿者: pusan 投稿日:2017年 7月13日(木)14時30分2秒   通報   返信・引用

暑中お見舞い申し上げます。鹿児島の方々は先日の地震に、さぞびっくり
されたことと思います。余震が軽微にすむようにと祈ります。

ここ四、五日前から庭の白いアガパンサスの花が開花し始めました。そこへ
蜜を求めて、どこからともなく一匹の黒いアゲハ蝶が毎朝やってくるように
なったのです。同じ蝶のようにおもわれますが、夜はどこで過ごしているの
か、なぜ白いアガパンサスだけを求めて飛んでくるのか不思議です。

アガパンサスの語源は、アガペ(愛)とアンサス(花)からきた言葉で「愛の
花」といわれています。庭の主人に愛を求めて毎日、やってくるのでは?

「夢に胡蝶になる」という荘子の言葉があります。わたし荘周(荘子)は夢の中
で胡蝶となったのか、自分は実は胡蝶であって、いま夢を見て荘周となってい
るのか、いずれが本当か私にはわからないというお話です。

毎朝、わが庭を飛び回っているクロアゲハ蝶は、もしや荘周(荘子)の生まれ
変わった姿ではないかと思って見たりもする。

「どちらが夢で、どちらが現実かなどと考えずに、変化に応じて自由に楽しみ、
人間があるがままの世界をあるがままに捉え、伸び伸びと生きることが重要だ」
と黒い蝶に化けた荘子が、年老いた私を諭すためにやって来ているのでは?




[6406] 地震M5

投稿者: 仙田 博 投稿日:2017年 7月12日(水)15時21分18秒   通報   返信・引用   編集済

昨日、7月11日、午前11時過ぎ、地震が発生しました。

県外の方々から、電話やメールで、お問い合わせがありましたが、
ご心配下さった皆様、本当に有難うございました。

ど~ん、という音と共に、十数秒、家が、上下左右に振動しました。

マグネチュード、5ということで、これまで経験したことのない揺れでした。

あれ?あれ?と思う間もなく、揺れが終わりましたが、
その間、何も、対策をとらなかったことを、今、反省しています。

地震を感じたら、すぐに「机」の下にもぐる、とか、
家から飛び出る(飛び出ない?)とか、
対策は、子どもの頃から色々と教えられてきましたが、
実際の現場では、何も対策することは出来ませんでした。

なお、推測ですが、私の知る限りでは、被害を被った同期生はなかったようです。
とりあえず、この場を借りて、お知らせしておきます。

余談ですが、その日、鴨池市営、県営両球場で、夏の甲子園大会の予選が、
開催されていましたが、我が鶴丸高校が3回戦を突破しました。
嬉しいニュースなので、少しでも早くお知らせしたいと思い、書かせてもらいました。



[6405] Re: みみずく菜園7月例会

投稿者: 仙田 博 投稿日:2017年 7月12日(水)14時51分56秒   通報   返信・引用   編集済 > No.6404[元記事へ]

吉村さんへの返信です

>
> 10年前に仙田君が企画されて、甲突川の源流の農園を
> 見に行った事がありました
>

当初、何もわからず、鹿児島市農園課?とかいう所に、相談に行きました。

そこでは、直ぐに、
入来峠の手前にある市の運営する農園を紹介してくれ、
諸注意事項の説明を受けて、早速、見学に行きました。

しかし、私は、気に入ったのですが、
遠すぎる、という理由で即座に却下されました。(笑)

そこは、小さな市民農園でしたが、
通り道に咲いている色々の種類の紫陽花が綺麗な所でしたよ。

> 同じ年に中村君の菜園で農業の修業をして翌年
> 今の都市農業センターを借りることが出来
> 今に至っています。
>

そうでしたね、中村君の農作業の指導、
それに、奥様まで引っ張りだされて、食事など、大変お世話になりました。
特に、奥様手作りの中村家のお漬物は絶品でした。

さてと、、、、、「覚えていますかー?」(茨城県訛りで=「NHK朝ドラ」を参照)

食事会の最中に、係を決めようということになり、
十数名の参加者のもと、
datsunさんが、「みみずく農園会長」として、全員の賛成により選出されたことを。

以来、十年、datsunさんが、面倒を見て下さっているお蔭で十年間も続いています。

今後も、健康に気をつけて、たまには舵取りが難しいときもあるでしょうが、
頑張っていただきたいと思います。

振り返れば、しゃも会は20年?、農園が10年、
みみずく会は、いよいよ、60年になりますね。



[6404] Re: みみずく菜園7月例会

投稿者: 吉村 投稿日:2017年 7月12日(水)11時13分30秒   通報   返信・引用   編集済 > No.6403[元記事へ]

仙田 博さんへの返信です

> みみずく農園が結成されてから、何年になったのでしょうか?
>
> この写真にうつされている皆さんの背中が、
> 土に馴染んでおられることを物語っているようです。
>
> 落ちこぼれの私ですが、土の臭いを思い出しました。

毎日談話室は見ているのですが仙田君の投稿、今気づきました

9年前に仙田君が企画されて、甲突川の源流の農園を
見に行った事がありました

同じ年に中村君の菜園で農業の修業をして翌年
今の都市農業センターを借りることが出来
今に至っています。




[6403] Re: みみずく菜園7月例会

投稿者: 仙田 博 投稿日:2017年 7月10日(月)08時15分57秒   通報   返信・引用 > No.6402[元記事へ]

吉村さんへの返信です

> 参加者は11名でした
> 収穫物は人参でした
>

みみずく農園が結成されてから、何年になったのでしょうか?

この写真にうつされている皆さんの背中が、
土に馴染んでおられることを物語っているようです。

落ちこぼれの私ですが、土の臭いを思い出しました。



3762件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

☆☆☆【みみずく会ホームページ】へ☆☆☆

みみずく会会員のリンク

☆ 花 と 本  ・・・・・ datsun ☆
☆ 思い出綴り  ・・・・・ 木佐貫美那子 ☆
☆ 記憶の中に  ・・・・・ アン ☆ 
☆ お涼の応接間 ・・・・・ お涼 ☆

鶴丸高等学校・同窓会のリンク

☆☆ 鶴丸高等学校 ☆☆
☆☆ 鶴丸高等学校同窓会公式サイト ☆☆

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.