みみずく会 「談 話 室」

【みみずく会ホームページ】←click!!



3673件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[6322] 浜競馬

投稿者: datsun 投稿日:2017年 4月27日(木)12時43分18秒   通報   返信・引用

串木野で4月23日に第60回目の浜競馬が行われました。
昭和33年に当時の荷馬車組合の花見の余興として
馬を走らせたのが今日まで続けられています。
       写真は野添君提供



[6321] ナニワイバラ

投稿者: datsun 投稿日:2017年 4月25日(火)08時59分24秒   通報   返信・引用

ナニワイバラが満開になりました



[6320] イペー

投稿者: datsun 投稿日:2017年 4月21日(金)08時46分11秒   通報   返信・引用

数年前に木市で買ってきたものが3m以上になって
枝先に黄色い花を咲かせています

ブラジルを代表する花でサッカー・ブラジル代表の
ユニホームの色はこの花の色から採ったようです

ノウゼンカズラ科タブベイア属
Tabebuiaはアマゾン先住民の現地語に由来します

別名:コガネノウゼン、キバナノウゼン
ブラジルの国花として紹介されている事が多いのですが
国花とする法案は成立しなかったそうです



[6319] 赤の誘惑

投稿者: pusan 投稿日:2017年 4月20日(木)13時44分31秒   通報   返信・引用   編集済 > No.6318[元記事へ]

datsunさんへの返信です

> チューリップの球根はパラッと撒いても出芽するのですね!
> 球根の3個分を地中に埋めるように書いてあるのですが

良いご指摘をいただきました!!

パラッと播いたのは、植え込む場所を決めるためでした。生真面目な日本人は
田植えの時のように行列してきちっと植えないと気がすまないようです。ラン
ダムに植えたほうが自然に見えるからです。だからエイヤッとばら撒くのです。

ご指摘のように球根は地面より3個分くらい下、約10cm位の深さで植え込
みます。同じ場所に2種類咲かせる時には、1種は10cm、2種は15cm
と深さを変えて植えると咲く時期をずらして長く花壇が楽しめます。


話はわが葛飾の庭作りになりますが、30年も前、まだ40才台の働き盛りの
頃のことです。当時は、気力を奮い立たせる赤色の植物を好んで集めたもので
した。真紅のバラを筆頭に、赤の久留米ツツジ、新芽が赤くなる紅カナメモチ、
野村もみじ、トキワマンサクなど狭い庭に植え込んだものです。

年々、成長と共に初期に植えた樹木たちがハバをきかせ、庭中を赤く染め上げ
るようになったのです。年とともに、赤色がまぶしく感じられ、癒されるどこ
ろか鬱陶しくなり、赤色ほど適量を真剣に考えなければならない色もないだろ
うということ気づくのです。

そのようなわけで気分を抑制し癒してくれる庭作りへと転換していくのは自然
の流れでした。それは音楽の好みの変化にも似ているかもしれません。
赤色の植物を間引いたり、白を中心として、ピンク、クリーム色、青色、キボ
ウシやイネ科の植物などの葉物を程よく混ぜて、互いに影響し合いながら独特
の雰囲気をかもし出すように方向を変えてきたのです。



[6318] Re: 調和する

投稿者: datsun 投稿日:2017年 4月20日(木)07時18分19秒   通報   返信・引用   編集済 > No.6317[元記事へ]

pusanさんへの返信です

> 昨年秋、チューリップの球根を樹下の日陰にパラッとばら撒いて植え込ん
> で見ました。春先、庭のあちこちに出現する勿忘草(Forget me
> not)の苗達をこの場所に集合させたのです。

チューリップの球根はパラッと撒いても出芽するのですね!
球根の3個分を地中に埋めるように書いてあるのですが



[6317] 調和する

投稿者: pusan 投稿日:2017年 4月19日(水)14時13分28秒   通報   返信・引用   編集済

さくらの季節も終わる頃となりますと、わが葛飾の狭い庭はバラをはじめ
クレマチス、ツツジなど一斉に咲き始め賑わってきます。これから夏まで
は一年中で最もわくわくする季節でもあります。ところが咲く時期を深く
考えずに作庭してきたこともあり晩夏から秋がさびしいのが難であります。

昨年秋、チューリップの球根を樹下の日陰にパラッとばら撒いて植え込ん
で見ました。春先、庭のあちこちに出現する勿忘草(Forget me
not)の苗達をこの場所に集合させたのです。

2~3日前から東京も初夏のような暖かい天気が続いたため、青花の勿忘
草の叢中からオレンジ色のチューリップがニョキッと伸びてきて咲き始め
たのです。チューリップの名前はバレリーナといいます。まるで青い湖の
上で踊っているかのように風に吹かれて揺れています。今まで日陰であっ
たところにスポットライトが当たったかのように明るくなったのです。

イングリッシュガーデンの女性造園家、ガードルード・ジーキルは生涯、
200を越える名ガーデンを作り、ガーデンデザインを芸術まで高めた
人です。そのジーキルが次のような言葉を残しています。「どれほど素
晴らしい植物が植えられ、どれほど多くの植物が植えられても庭は出来
ない。庭をデザインするということは植物を絵具にして絵画を描くこと
である」と。

彼女は、花の色の組み合わせが一番大事だといっているのです。例えば
青紫と黄橙は補色であるから、これらを組み合わせることによってよい
調和が得られ、美しく見えるといってます。

というわけで、勿忘草の青とバレリーナの橙の対比は二つの補色の組み
合わせということで作庭してみました。勿忘草の手前はギボウシです。
果たして調和しているといえるでしょうか、どうでしょう?







[6316] Re: 観桜の宴のお礼

投稿者: 桑鶴 投稿日:2017年 4月17日(月)21時32分18秒   通報   返信・引用 > No.6311[元記事へ]

仙田 博さんへの返信です

> > 平成29年度東京みみずく会「観桜の宴」のお礼
>  毎年のことですが、本年の東京みみずく会も気配りの行き届いた楽しい会でした。
> 幹事の皆様、ご苦労さまでした。
> そして、参加された皆様、久し振りにお会いし楽しいひと時を共有させていただき、
> 感謝しております。
> 今年の東京みみずく会のタイトルが”観桜の宴”というものでしたので、
> それに相応しいかわかりませんが、見事な桜に囲まれた皆さんの写真を写して参りましたので、
> ここに、投稿いたします。
> 東京みみずく会の「しだれ桜の植樹」も順調に育ち、現在は、痩せでノッポの状態ですが、
> 何年か後には、立派な桜に成長することでしょう。
> その幼木を見ながら、あらためて、植樹を計画、実現させて下さった桑鶴武良君をはじめとし、
> 協力して下さった東京みみずく会の皆様に感謝する気持ちが湧いてきました。
>  また、当日の天気予報は、曇・雨で、気をもんでいたのですが、
> この「観桜の宴」の日だけは、お天道様が味方して下さり絶好の花見日和となり、
> 魔法をかけられたような不思議な気分で過ごしました。
> 本会の後、NHKスタジオパークの見学も初めての経験で、色々と珍しいものを見させていただき、お上りさん気分で、楽しみました。
> その時の写真は、To be continued ということで,,,後ほどアップします。

*仙田さん!!東京みみずく会ではいつもいつも何かとお世話になり誠に有難う御座います。
 此の度も「観桜の宴」にふさわしい独創的な記念写真のアイデアを出して戴き感謝しております。
 きっと参加者各位もその出来上がりを楽しみにしていることと思います。
 また当日のNHKスタジオパークの感想、そしてキャスター、リポーター、お天気姉さん?の事まで
 微に入り細にわたってコメントして戴き恐縮です。 また、故郷の銘菓・明石家の「さくらさくら」
 をお土産に戴きその味の良さ、「観桜の宴」にふさわしいお心配り、特にさくらの花びらを塩味で
 味付けした絶妙の味覚は絶品で食した皆様にも大好評、美食家の女性陣は泣いて喜んでおり
 仙田さんの株もストップ高まで昇りつめた感がありました。
 お土産といえば、昨年体調を直前に崩し「喜寿の宴」に参加できなかった紅林さんからもお酒の珍味を
 頂戴しました。 さらには故郷・鹿児島から「文旦飴」と「兵六餅」を参加者全員に31Rの山元綾子様
 友々へのコメントを添えて頂戴しました。 皆さん故郷をしのんで大喜びでした。
 最後に、みみずく会会長=平山康彦様から過分なご芳志を戴きました。 幹事一同感謝・感謝です。
 式次第はいつもの式順でしたが、乾杯の後最近亡くなった忘友6名を偲び、35Rの大平和徳氏に依頼し
 尺八にて「友へ送る葬送曲」を厳かに奏でて戴きました。 また、懇談の合間には38R の菊池節子様
 から提供のあった(彼女はお琴の先生だそうです)お琴の演奏を流させて戴きました。
 そして、ビフェスタイルの食事が一段落した処で参加者全員から近況報告を一言ずつ戴き改めて各自の
 人生の多様さに驚き入った次第です。 33R の川路さんからは詩吟をご披露して戴きその隠れた才能に
 びっくり!! 彼女には記念植樹の木柱に「鹿児島県立鶴丸高等学校昭和三十三年卒みみずく会」の
 文字を墨痕鮮やかに書いて戴きました。今年もまだ健在でした。
 宴たけなわになった処で、山元 猛氏(山元綾子さんのご子息)のミニライヴ、小生の提案で「観桜の宴」 にちなみ花をモチーフにして、滝廉太郎の「花」、東北地震の復興歌・「花は咲く」を彼と一緒に
 武蔵野音楽大学OGの38Rの向後理恵様に美声で歌って戴き(川路光子様もともに)聞き惚れました
 「天は二物を与えず」とか申しますが、美声と美貌 共に譲り受けた彼女は幸せ者です。

 後は小生の失敗談、終わりにいざ校歌を斉唱する段になって一番から~三番までの歌詞の最後の行が
 ミスプリで印刷されておらず皆さんに多大な迷惑をおかけしました。 ごめんなさい!!
 今回は皆様への思いが強かったために珍しく?コメントが長くなりました。  ご容赦下さい。




[6315] みみずく菜園

投稿者: 吉村 投稿日:2017年 4月17日(月)11時59分16秒   通報   返信・引用

午前中は雨模様でしたが
昼前から雨も上がって
お花見が出来ました

今日の参加者は14名でした
タマネギの折れたものだけを
収穫しました



[6314] NHKスタジオパークでキャスター体験

投稿者: 仙田 博  投稿日:2017年 4月16日(日)20時44分52秒   通報   返信・引用   編集済

東京みみずく会では、いつも驚かされます。
今回の二次会イベントは、NHKスタジオパークの見学会でした。

なかでも、キャスター体験は実際の放送スタジオと同じ機器が備えられており、
本物同様の音声映像が放映されました。

写真上は、お天気キャスターの体験者、秋山律子さん

下の写真は、ニュースキャスターのアナウンス体験。
向後理恵さんと早崎捷治君がニュースキャスターで出演して下さいました。

残念ながら、向後理恵さんは、私の席からは見えなくて写真に残せませんでした。
ごめんなさい。



[6313] Re: 観桜の宴のお礼

投稿者: 仙田 博  投稿日:2017年 4月16日(日)20時35分24秒   通報   返信・引用   編集済 > No.6308[元記事へ]

上園 千代喜さんへの返信です

>  また、二次会(NHKスタジオパーク)では、あっと驚く企画を実施致しました。NHKの担当者も>驚く、整然とした老人クラブ???より選出された三人のキャスターの実演は、素晴らしいもの
>がありました。キャスターに選ばれたお三方にお礼を申し上げます。ご苦労様でした。残念なが
>ら、ご都合により二次会を欠席された方々には、名キャスターの名演技を見ることができず残
>念!!!
>  以上、「観桜の宴」の簡単な報告とお礼を申し述べました。お読みいただき、有難うございま>した。


東郷記念館より、徒歩20数分で、NHKスタジオパークに到着。

実際の放送局を再現した各種の展示物や生放送中の番組を見学。
天気予報、ニュースアナウンサー体験コーナーでは、
三名がキャスターの体験をされました。

見学を終え、二次会の会場は喫茶ルームで行われました。
喉と腹を潤しながら、時間を忘れて語り合い、
別れを惜しみつつ、帰路につきました。

写真:

まず、桜の近接写真2枚。
これは、東郷記念館にあるみみずく会の枝垂れ桜に咲いていました。

次は「観桜の宴」の会場の写真です。


3673件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

☆☆☆【みみずく会ホームページ】へ☆☆☆

みみずく会会員のリンク

☆ 花 と 本  ・・・・・ datsun ☆
☆ 未敷庵の世界 ・・・・・ 未敷庵 ☆
☆ 思い出綴り  ・・・・・ 木佐貫美那子 ☆
☆ 記憶の中に  ・・・・・ アン ☆ 
☆ お涼の応接間 ・・・・・ お涼 ☆

鶴丸高等学校・同窓会のリンク

☆☆ 鶴丸高等学校 ☆☆
☆☆ 鶴丸高等学校同窓会公式サイト ☆☆

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口

© GMO Media, Inc.